ヒーロー! 河出文庫

白岩玄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416885
ISBN 10 : 4309416888
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
202p;15

内容詳細

学校からいじめをなくすため、大仏のマスクをかぶり、休み時間ごとに、パフォーマンスショーを始めた新島英雄とその演出担当の佐古鈴。二人のアイデアは、たちまち生徒たちの心をつかみ、学校は平和になったかに見えた。だが転校してきた無愛想な美少女あかりが、新たないじめの標的になり…正義とは何かを問う、痛快学園小説。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みっくん さん

    ヒーロー物が好きな男子学生が演劇部で演出を担当している同級生の女の子のを巻き込んで学校内のいじめをなくすためにヒーローショー的な見せ物演出で何とかしようと立ち向かう学園もののストーリー。現代感覚的要素が適度に盛り込まれていて小気味よく読める作品でした。

  • だいゆー さん

    (^^

  • runahi さん

    いじめをなくすために休み時間ごとにパフォーマンスをしてみんなの目を引くというすごい作戦はとてもおもしろい。しかし、初めはわくわくして読んだのだが、それ以降の内容が今一つで尻すぼみ感が。「その後の演劇ショー」の短編も、読み進めるのにちょっと苦労するくらいの内容。★★☆☆☆

  • 二宮きんちゃぬ。 さん

    理想と綺麗事で語られる物語のようで、"こうあればいいな"という作者の願いが込められているんだろうと思う。軸がブレることなく一貫して行動し続ける英雄は確かにヒーローだったのかな。『どうぶつ物語』は読み続けるのがなかなか辛いけど、本編の最後にぼかされた2人の未来が、この短編の存在そのものによって語られるのが良い。

  • こばゆみ さん

    自分が休み時間にパフォーマンスをすることで、いじめっ子の気を逸らしていじめを無くそうと奮闘する英雄。その手伝いをする鈴。最後には校長先生も巻き込むのだけど、この校長先生がまた良い先生なのだな。 自分の居場所がある大人が「学校へ行けないのは甘え」と言うのは全く理解がないのだよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

白岩玄

1983年京都府生まれ。2004年「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞を受賞しデビュー。同作は第132回芥川賞候補作となり、テレビドラマ化される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

白岩玄に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品