DVD

白い巨塔 6

白い巨塔

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCBC50524
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
音楽
:
原作
:

内容詳細

熾烈な権力争いを制し、浪速大学病院第一外科教授の座を勝ち取った財前(唐沢寿明)。ポーランドで開かれた国際外科医学会で華々しい成果を上げて帰国した彼に、空港で出迎えた第一内科助教授の里見(江口洋介)は、財前が手術を強行し執刀後に亡くなった佐々木庸平(田山涼成)の死亡理由を伝える。病理解剖により、死因は術前から存在したとみられる肺がんの転移による「がん性リンパ管症のための呼吸不全」と断定されたのだ。過ちを認めるよう迫る里見に、財前は誤診ではなかったと言い切る。一方、手術に疑問を抱きながらも、財前の指示に従うことしかできなかった医局員の柳原(伊藤英明)は罪の意識に苦しむ。そんな中、佐々木の妻・よし江(かたせ梨乃)と息子が医療裁判を起こした。よし江から訴えられた財前はマスコミに報道され、世間の注目を集めることに。里見はよし江の弁護士・関口(上川隆也)から法廷での証言を頼まれる一方で、財前の弁護士・国平(及川光博)からは証人として法廷に立たないよう忠告される。裁判を前に、里見は財前に「最後まで医師であってほしい」と告げるのだった。財前の舅・又一(西田敏行)、第一外科前教授の東(石坂浩二)、財前の愛人・ケイ子(黒木瞳)、講師の佃(片岡孝太郎)や柳原たちが傍聴席で見守る中、ついに財前の医療過誤を問う裁判が始まった……。


■第6巻:13話〜15話

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品