地の底の記憶

畠山丑雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309024301
ISBN 10 : 4309024300
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
221p;20

内容詳細

ある日、小学生の同級生・井内と晴男は、迷い込んだ森の中で青田という謎の男に出会う。その「妻」が身につけたラピス・ラズリの輝きに導かれるように、町の歴史に埋もれた物語は静かに繙かれる。ロシア商人ウォロンツォーフと日本人妻の悲恋、青年アレクサンドルと人形の倒錯した愛、あやうい男女の友情をめぐる青田の過去、そして現在。電波塔に見守られる架空の土地を舞台に、一〇〇年を超える時間と愛の狂気を描く、壮大な物語。第52回文藝賞受賞作。驚愕の新人登場!

【著者紹介】
畠山丑雄 : 1992年、大阪府生まれ。現在、京都大学文学部在学。2015年、『地の底の記憶』で第五二回文藝賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • それいゆ さん

    この作品は私には合いませんでした。洞窟や地底湖の中で展開する話は狂気というよりも暗くて何だか気持ち悪くて、どうしても物語にのめり込んでいくことはできませんでした。読んでいて楽しくなかったです。文藝賞というのはどれほど価値のある賞なんでしょうかね?

  • 14番目の月 さん

    深みのある作品で大江さんとか中上さんの暗くて鬱屈した世界を感じました。 もっと年配の方の作品だと思ったらこんな若い方が書かれたと知って驚きました。 とても才能を感じます。

  • ちょき さん

    シュールレアリズムと言っていいのだろうか?虚構の町での虚構の物語が淡々とつづられていく。退屈な話をたくさん積み上げてどうにかこうにか形にしてみました。と、いう感じがした。読了感など何も残らなかったが、構成やストーリーは悪くはないような気がした。作者の力量は高いと思うのでこれからに期待したい。

  • アヴォカド さん

    前半は中上健次のような土地と人とのどろどろかと思いきや、後半になると形を変えた村上春樹、という印象。文章も構成も語り口も達者。もう少しキャッチーなタイトルだったら、著者と同年代の読書にも受けがいいのでは、とも思う。ちょっと地味なタイトル。

  • まこっちゃん さん

    「文藝より」言葉というか物語が次から次へと溢れ出る具合に圧倒された。溢れ、どこかに流され戻ってこれないかと思ったら結末に向けて集束されいたので、作家の構成力に今後も期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

畠山丑雄

1992年、大阪府生まれ。現在、京都大学文学部在学。2015年、『地の底の記憶』で第五二回文藝賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品