ギケイキ 千年の流転 河出文庫

町田康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416120
ISBN 10 : 4309416128
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
400p;15

内容詳細

はは、生まれた瞬間からの逃亡、流浪。千年の時を超え、私は、私の物語を、語ろうと思う―私の名は源義経。打倒平家を胸に、都会的なファッションに身を包み、早業を駆使。鞍馬での幼年期から奥州への旅、メンヘラ気味な最強の家臣弁慶との出会い、そして兄頼朝への思い…。古典『義経記』が超絶文体で現代に甦る!激烈に滑稽で悲痛な、超娯楽大作小説、ここに開幕。

【著者紹介】
町田康 : 1962年、大阪府生まれ。96年に初小説「くっすん大黒」を発表、翌年ドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞を受賞。2000年「きれぎれ」で芥川賞、01年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、02年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちなぽむ@罪と罰読みたい さん

    みんな面白いって言うし町田さんだし、期待度MAXでうきうきしながら読み始めたのですよ。ところがどっこい。やばいーおもしろすぎてむっちゃ口調うつるー。電車の中でにまにまして変態と思われるー。 古典の文章とかって、こ難しく原典に忠実に訳すより、やっぱ大切なのはrhythmっすよね、こんな風に古典に触れ合えてたら、もっと歴史すきになってたかも…なぁんて真面目なことも考えてしまったのである。おほほ。である調。ドリンクバーも確定申告も秀衡ちゃんがつまらないものですが…って色々持ってくるとこも解説も好きすぎてやばいー

  • ケイ さん

    なんや、生きとったんか思たわ。ちゃうんか。どこから話しとんねん。声だけかい。ま、鞍馬あたりに 今もおるんかもしれんな。兄に狙われ殺されたんは気の毒やけど そいつらも結局みんな死んでしもてるからな。キレイな顔して、このボン、ほんま、見てみたかったわ。解説で大塚ひかりが言うところの古典の絶対音感をもって町田康が義経に語らせる語らせる。言葉が悪すぎるって? 義経も京都の子やったんやから、そんなもんでっしゃろ。関東もんの語る言葉は 噺家の声で聞こえた。西の方のは町田さんの声でそのまま響く。続きも読まな、ね。

  • みどり虫 さん

    笑いっぱなしで読んだ。ずっとくすくす笑ってたのに、義仲で吹き出した( ゚艸゚)・;'.、ブッ。笑いっぱなしだけど、物語はちゃんとしてるのがすごい。読むのが楽しくて楽しくて、読み終えたくなかったよー。でも続編はもう出てる。文庫化待つよ。待ち遠しいったらないわ。おほほほほ。あ、レビューに書く約束してたことがあったんだった。「菊門」ってやたら出てくるんで、それなんですか?ってお子ちゃまな私が読み友さんに聞いたら、100円で見せてくれるって言うんだけど、それって100円払ってでも見る価値あるもの…(*´-`)?

  • 🅼🆈½ ユニス™ さん

    町田康さんの特有の香りが濃く漂う一冊。現代のヤンキー風に解釈して歴史の1ページを味わう美味しい時間でとても満足出来た。登場人物が複雑すぎて2度読みした経験も初めてで、お陰で100%理解出来て、兎に角面白く読み終えた。(読友である誰かさんの筆風を思い出しながら…😆)、ギケイキ2も追いかけるべし❗️

  • あさひ@WAKABA NO MIDORI TO... さん

    ちょっとなにこれ、面白すぎ!ホントの歴史物を追求しちゃう方からは「なんや、ふざけやがってー!」とお叱りを受けちゃいそうだけど、三谷幸喜の『清須会議』が好きな方ならきっとはまるはず。芥川賞作家でもある町田作品で、これがお初というのもどんなもんかと思うけど、その実力のほどを、是非他の作品でも試してみたいと思いました。もちろん『ギケイキ2』も😆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

町田康

1981年、パンクロック・バンド、INUのヴォーカリストとしてデビュー。 同バンド解散後、石井聰互監督の『爆裂都市 BURST CITY』に出演するなど個性派俳優としても活動。 1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー、2000年には『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞した。

プロフィール詳細へ

町田康に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品