しらふで生きる 大酒飲みの決断

町田康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344035324
ISBN 10 : 4344035321
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
219p;19

内容詳細

痩せた! 眠れる! 仕事が捗る! 思いがけない禁酒の利得。
些細なことにもよろこぶ自分が戻ってきた!
4年前の年末。「酒をやめよう」と突如、思い立ち、そこから一滴も飲んでいない作家の町田康さん。
「名うての大酒飲み」として知られた町田さんが、なぜそのような決断をしたのかを振り返りながら、禁酒を実行するために取り組んだ認識の改造、禁酒によって生じた精神ならびに身体の変化、そして仕事への取り込み方の変わるようなど、経験したものにしかわからない苦悩と葛藤、その心境を微細に綴る。全編におかしみが溢れながらもしみじみと奥深い一冊。

著者について
1962年大阪府生れ。町田町蔵の名で歌手活動を始め、1981年パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍する。1996年、初の小説「くっすん大黒」を発表、同作は翌1997年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。以降、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。他の著書に『夫婦茶碗』『猫にかまけて』『浄土』『ギケイキ』『スピンク日記』『餓鬼道巡行』『リフォームの爆発』など多数。

【著者紹介】
町田康 : 1962年大阪府生まれ。町田町蔵の名で歌手活動を始め、1981年パンクバンド「INU」の『メシ喰うな!』でレコードデビュー。俳優としても活躍する。1996年、初の小説「くっすん大黒」を発表、同作は翌1997年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。以降、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    町田 康は、新作をコンスタントに読んでいるマイブームの作家です。著者の断酒に纏わるエッセイ、哲学的な書です。ところで、著者は今でも断酒継続出来ているのでしょうか?私は、食事とそれに合う美味しいお酒を嗜む程度なので、絶対断酒はしません(笑)但し、断酒をしようと思ったら、達成出来る自信はあります🍶

  • いつでも母さん さん

    『ほどほどがいい』これは私の素直な感想。「酒なくして何の人生や」と言ったのは誰?30年間毎日飲み続けた町田さんの断酒エッセイ。所々面白く、だが少々そこまで言うかってくらい面倒くさくもあった(笑)ダイエット効果・睡眠の質が向上・経済的利得そして仕事の捗り。いいこと尽くめですね町田さん。酒飲みの読者なら必ず「わかるぅ!」があるはず。『人、酒を飲む。酒、酒を飲む。酒、人を飲む』沁みる言葉だ。

  • ペグ さん

    昔、大酒飲みだった。毎晩ウィスキーのボトル半分位飲んでいた。勿論休肝日等設けることはなかった。しかし、ある夜、鏡の自分の顔を見て〜脳が弛緩しだらしない顔を見て愕然とする。自分が情けなかった。当然次の日からわたしは断酒した。お酒をやめて賢くなったわけでは勿論ない。だけど、町田さんが書かれている通り、脳の道がスッキリしたように思う。人格改造、認識改造。アホであるわたしは今までよりずっと色々と、高みからは見えないような、読書も音楽も楽しめている。この本は人間の(生きること)を描いている。

  • こばまり さん

    久々の町田節を堪能。ぐへぐへ笑い進むるうちに、おや今すごくいいこと仰ったとハッとなること度々。しかし我今まさに禁酒せむという方には不向きかもしれぬ。ちなみに目下断酒して一年の御仁に訊くと、楽しく読めた。所々思い当たる節ありとのこと。

  • R さん

    大酒呑みの著者が、或るときから酒を飲まなくなった。その事実について、酒を飲むとは、生きるとは、楽しいとはと哲学的な文字戯れを行う本でした。結局なんだったのか、読み終えてさっぱりわからなかったんだが、凄いお酒飲んでいたのに、いわく狂ってしまったから酒を飲んでいない、やめたかどうかは最後までわからないという体で、あれこれ、そもそもなぜ酒を飲むのか、飲むとどうなるのかを語り、挙句、飲まなくなって凄くよかったというお話で終わる。あれこれ理屈をこねくり回して、最終的に、なんだよ、といいたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

町田康

1981年、パンクロック・バンド、INUのヴォーカリストとしてデビュー。 同バンド解散後、石井聰互監督の『爆裂都市 BURST CITY』に出演するなど個性派俳優としても活動。 1996年には処女小説『くっすん大黒』で文壇デビュー、2000年には『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞した。

プロフィール詳細へ

町田康に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品