図説 世界の文字とことば ふくろうの本

町田和彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762210
ISBN 10 : 4309762212
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;22

内容詳細

ヨーロッパ諸言語で使われるラテン文字、コーランとともに広まったアラビア文字、多様なバリエーションを見せるインド系文字、そして、東アジアで独自に展開した漢字…世界中の言語とそれを話す人びとの歴史と文化が見えてくる!

目次 : ギリシア文字の系譜(ギリシア文字―ギリシア語/ キリル文字―ロシア語 ほか)/ アラム文字の末裔たち(ヘブライ文字―ヘブライ語/ アラビア文字―アラビア語 ほか)/ ブラーフミー文字の子孫たち(デーヴァナーガリー文字―ヒンディー語/ デーヴァナーガリー文字―ネパール語 ほか)/ 漢字の一族(漢字―中国語/ 漢字とかな文字―日本語 ほか)

【著者紹介】
町田和彦 : 1951年生まれ。アラハバード大学修士課程修了、東京外国語大学修士課程修了。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授。専門は南アジア言語学、文字情報学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tadashi_N さん

    表意文字と表音文字を自由自在に使い分ける稀有な言語である日本語が使えることに感謝。

  • びっぐすとん さん

    図書館本。読メレビュー見て。世界には5000〜7000の言語があるが文字はそれに比べて圧倒的に少なく、現在使われている文字は4系統に絞られるそう。漢字以外の3系統は古代セム系文字から派生したものらしい。アラビア文字やブラーフミー文字は印字フォントでもどこまでが1字なのかが分からない。手書きだったらお手上げ。逆に外国人には漢字、平仮名、片仮名、ローマ字、アラビア数字を使い、音訓の読み分けがある日本語は手強いようだ。しかしどの言語も研究している日本人がいることが驚き。ビルマ文字は輪っかが繋がってるみたい。

  • ky さん

    大きく4分類される。ギリシア、アラム、ブラーフミー、漢字。アラムは、アラビア、ヘブライ、モンゴルも。ブラーフミーは、インド系で、アショーカ王碑文に刻まれた文字。インド系文字の人口は14億。これは漢字文化圏に匹敵。

  • Fumie Emory さん

    【図書】読む為ではないのだが。 最近イランの方にアラビア文字?と訊いたら、ペルシャだと訂正されて、己の無知さに慌てて確認した次第。 中国の人口を考えると漢字の割合は世界中で1番とも言われるらしいが、第二外国語を含めると英語が含まれるラテンが圧倒的で、かな文字の日本語の存在は何てちっぽけなんだろう〜と思わせられた本でした。

  • kuukazoo さん

    世界に言語は5000とか7000とかあるのに、それらを表記する文字はラテン文字(ヨーロッパ、北・南米、アフリカ)、アラム文字(中東)、ブラーフミー文字(インド周り)、漢字(中国、日本)の4系統だけなのだという。それにしてもアラム文字やブラーフミー文字はとても文字の仲間には見えなくて、どう読むのかどう書くのか見当もつかない。でも、文字があるから他言語を学ぶことが可能なのだな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品