ブラッククローバー 3 ジャンプコミックス

田畠裕基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088804897
ISBN 10 : 4088804899
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
185p;18

内容詳細

侵略国家・ダイヤモンド王国のマルスと対峙するアスタ。
ユノでさえ歯が立たなかった最強の敵との闘いで、アスタは絶体絶命の窮地に追い込まれる!
果たして、熾烈を極める死闘の行方は...!? 魔宮編、衝撃の終結―!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
他の魔法騎士からも少しずつ努力を認められ...

投稿日:2021/04/12 (月)

他の魔法騎士からも少しずつ努力を認められるアスタですが、 この『ブラッククローバー』の世界は頑張っただけではダメなのです! 【アスタの信念】  仲間に襲い掛かる敵に「相手は俺だ」と切りかかる一方、  決着が付いたらそれ以上の攻撃はせずに助けたりと、  いつもの事ながらの王道熱血キャラです。  そして、ダンジョン探索と会食で、上層部にも大器として存在感をアピールしていきます。  自分に対する悪口は聞き流し、ノエルに対する悪口には毅然とした態度で  臨むシーンも描かれ、信念の強さを感じます。  ノエルとは連携技もありましたし、仲間としては絆が深まりそうです。  また、アスタの新しい剣は、ある程度他の魔法を纏えるようで、  今後の連係プレイで色々役に立ってくれそうです。 【ヒロイン達との接近】  前巻から登場の第二ヒロイン「ミモザ」ですが、 アスタの活躍を見たことと、  彼に助けられたことで、どうやら惚れてしまったようです。  (『NARUTO』でいうとヒナタポジでしょうか)  心なしか、ミモザの顔も少しずつ可愛い描き方になっているように感じます。   単純に、田畠先生が描き慣れているのかもですが。  ノエルのほうも、若干ヤキモチを焼いているようです。  で、当のアスタはと言うと、二人の気持ちに全く気付いていません。  そんなわけで、3人の関係がどうなっていくのか楽しみです。  あの国が一夫多妻OKなら万事解決なんですけども。  オマケ漫画でノエル達の水着姿も出まして、  美しい線と体のバランスが見られます。  ていうか、いつもより女性キャラの線に気合が入っているようなww 【ユノの新技】  本格的にサシで敵を倒すのは次巻収録分になりそうですが、  今回はその布石である魔法を習得。  まあ今回も、敵のマルスをKOしたりしているので(弱らせたのはアスタです)、  活躍してないわけじゃありません。  新しい魔法は、風の妖精のような奴を呼び出す能力。  詳細はまだになりますが、戦力的にも世界観的にも重要になりそうです。 【魔法帝との謁見】  相手が魔法帝という形式で謁見するのは初めてになりますね。  基本的に研究熱心で、若者の良い所を伸ばそうとする人柄が描かれます。  また、平民出のアスタやユノにも差別の目は向けておらず、おおらかなようです。  ただし、仕事の話は大真面目で、魔法帝の条件も「実績だ」と語り、  その辺は絶対に妥協しない人のようです。 【アスタの課題】  魔法を受け付けない剣は凄いのですが、今のところ弱点があります。  それは「単独のフィニッシュ技が無い」ということ。  現状の、仲間と協力して敵を倒す展開も熱いですが、  いずれは単独で強敵を倒さなければならない時も来るでしょう。  また、剣の使い方も、今のところ力任せに振り回しているだけなので、  きちんと剣術として完成させるには、まだまだ掛かりそうです。  この辺も、伸び代のある主人公だと思えるポイントです。

大湖 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 英知@マンガ専用 さん

    魔宮編面白かったー!3巻にしてこの熱さすごいですね!金色の夜明け団の二人がすごく良い人たちだった!特にクラウス!あんな風に自分の間違った考えや態度を謝れる人素敵!ミモザもやっぱりアスタに惚れたかぁ〜(´﹀`)しかも結構積極的!ノエルがんば!敵のマルスもなんだかんだ憎めない感じだし、次どういう風に登場してくるのか楽しみだな!我愛羅ポジ系?さて今度は王都編!たくさんのキャラ、、、覚えきれない;とりあえずノエルの兄弟ムカつくな!早くアスタに見返してほしい!新たな敵も気になるけど、チャーミーの実力が早く知りたい!

  • Yobata さん

    vsマルス,王都襲撃編。ユノの風魔法すら圧倒する鉱石魔法を使うマルスに対し、反魔法で切り裂くアスタ。反魔法の剣を持てたことは確かに幸運かもしれないけど、決して諦めず立ち向かう精神とその剣をふるう基礎体力を決して疎かにしないからこそのアスタの力なんだよね。意味深なネロに導かれ第二の反魔法剣を手にしたアスタだったけど、窮地に立たされユノが獲得したシルフが目覚める。ライバル同士、共に成長していってるねwメガネのダンナも攻略後はなかなかいい奴で。ミモザはアスタ派になっちゃったねwそれでノエルも自覚しちゃうのかw?

  • 月子 さん

    キャラクターが一気に増えた。 嫌な兄弟達の見た目の違いが覚えられない(笑)

  • 歩月るな さん

    回復役のミモザさんが真っ先にやられた後で回復して、と思ったらノエルさんも胸を抉られる大けが。合理的に排除するやり方でヒロインが結構痛めつけられてしまう。そしてアスタも重傷。丈夫なのが取り柄なのは解るわぁ、ノエルさんがやられた時とは段違いに危機感の無さの二乗、鍛えてるから大丈夫。マルスさんにしてもそうだし、ブラックなだけになかなか黒いお話が良い。ネロさんも黒い。クラウスさん超まとも、イイメガネ、超友達感ある、世話焼きさん。偉い人たちお目見え。まあ貴族王族連中そんなもんかと思ったら良い人たちが。皆家族やし。

  • みやび@夜649 さん

    マルスとファナの別れにはじわりとくる。ノエルの兄姉は酷いな〰王族だからこそノエルも辛い経験をしてる。一気に沢山出てきた団と団員と中々覚えられなくて何度もページを行ったり来たりしたよw

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

田畠裕基に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品