ブラッククローバー 10 ジャンプコミックス

田畠裕基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088810232
ISBN 10 : 4088810236
フォーマット
出版社
発売日
2017年03月03日
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

古代魔法を受けたアスタの両腕は、もう動かせない――。その事実を知った『黒の暴牛』メンバーは治療法を探しに方々へ。アスタはノエル、フィンラルらと共にバネッサの後を追い、魔女の森に君臨する女王と対面する。だが時を同じくして、最凶最悪の軍勢が魔女の森に迫っていた...!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アスタを想う仲間たちの行動、アスタの涙 ...

投稿日:2021/04/22 (木)

アスタを想う仲間たちの行動、アスタの涙 感動的です

41 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
努力で進化する必殺技】 敵のサラマンドラ...

投稿日:2021/04/12 (月)

努力で進化する必殺技】 敵のサラマンドラに対して、ノエルは必殺技・海竜の咆哮を使いますが、今回はブッパ技ではなく、 途中で弾道を変えるなど、成長を見せてくれます。 凄い技を完成させた後も、慢心せずに発展技を考えるなど、ノエルらしいストイックさが出ていると思います。 作画的にも、よりスピード感や迫力が増していると思います。 【小説版キャラクター紹介】 本誌では小説読んでない人には分りづらいのではと思いましたが、コミックではキャラ紹介があります。 まあ、コミック読まずにジャンプ読んでる会社の後輩も、「知り合いの三人組位のノリで読めた」と 言っていたので、大勢に影響は無かったのでしょう。 勘違いしやすいレビューが多いのですが、小説の続編的なシナリオではありませんし、 メインで活躍するのはあくまでアスタとバネッサさんです。 小説を読んでいない方は、10巻の42ページと62ページを先に読むと、本編も読みやすいと思います。 単に説明しているだけではなく、少しネタっぽくなっているのも楽しいです。 もちろん、小説も読めばより楽しめるキャラクター達です。 ブラッククローバー 暴牛の書 (JUMP j BOOKS) マリエラはお色気とは縁が無いと思っていましたが、プロフィールページではエロいポーズを見せてくれます。 【外伝からの逆輸入】 ジャンプでは前例が思い当たりませんが、『名探偵コナン』の白鳥刑事は劇場版出身ですし、 『金田一少年の事件簿』ではノベルス版のキャラが助っ人として出たことがあります。 サンデーやマガジンがやってるなら、ジャンプでやっても問題無いかと思います。 11巻の売上も、特に落ちた様子は無いので、大半の読者にとっては小さい問題なのでしょう。 【敵方も成長】 味方サイドが成長する一方、敵方も負けじとパワーアップしてきます。 前回はヴェットがアスタの能力を分析してましたが、今回はファナのサラマンダーが進化して登場です。 さらには戦闘中にまで進化するなど脅威はなかなか減りません。 元々火力はありましたが、更に強くなるため、油断のならない連中ですね。 あとは、美少女マッドサイエンティストのサリーちゃんにも、(色々な意味で)成長して再登場願いたいです。 【アスタの治療】 こちらは意外とアッサリ回復します。 代償については、本誌の展開から次巻になるかと思われます。 【アスタ流テロとの戦い〜VSファナ】 悪いことをやめさせるのは変わりませんが、ただ力尽くで叩き潰すのではなく、相手の事情を探ろうとします。 魔眼が持つ絶望や憎悪の根本的な原因を探り、何か出来ることがあれば尽力しようというわけです。 結局答えてはくれませんでしたが、こういうことは根気が必要ですからね。 誰に言われるでもなく、アスタが個人的に始めたことなので、今後もテロリストの事情を探るのは アスタが主体になって進みそうです。 【連携必殺技】 ヴェット戦でも戦果を挙げたアスタ、フィンラル先輩、バネッサさんの連携ですが、 今回はそれをさらに昇華させて新しい必殺技を編み出します。 技名も、シンプルかつチームらしい感じで良いかと思います。 【バネッサさんが母親似じゃなくて良かった】 バネッサさんの母親でもある魔女の女王ですが、コワいオバサンです。 見た目だけでなく、性格も娘の顔を踏みつけたりでやばい人です。 優しく包容力があるバネッサさんとはだいぶ違いますね。 性格も外見も、母親に似なくて本当に良かったと思います。 【アグリッパさんは…】 呪術魔法の使い手ながら、コミュ力不足で活躍の場が無いアグリッパさん。 バネッサさんやフィンラル先輩も掘り下げがあったので、アグリッパさんもそろそろでしょうかね。

大湖 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 月子 さん

    もうアニメ化かぁ、すごいねぇ◎ちょっと、顔の区別が出来てない人がいるかも(^_^;)頭ごちゃごちゃしてきちゃった(笑)

  • みやび@夜649 さん

    団員達が、アスタの為に早速動き出す。それを知ったアスタの涙にこちらもじわり。魔女の森で、白夜の魔眼とダイヤモンド国が同時に攻めてくる。

  • 緋莢 さん

    海底神殿での戦いで、三魔眼に勝利するも、古代の呪術魔法を受けた両腕の怪我は完全に治らないと告げられたアスタ。それでも闘志を失わないアスタに、「黒の暴牛」のメンバーは、それぞれ治療法を探しに出かけ・・・

  • ハッチ さん

    序盤から結構感動。マルス久しぶり!!って、あれ?ダイヤモンド王国側に、カズレーサーいない?

  • セナ さん

    アスタの腕を治すためにいろいろな方法を探している暴牛のメンバーやアスタの仲間に恵まれたんだなぁがよかったです。腕は魔女の森で簡単に治ってしまったけど、仲間っていいなと思いました。ダイアモンド王国の人たちの戦いも熱かったです。次巻も楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

田畠裕基に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品