そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう 桂米朝・上方落語・兵庫船・小倉船より

田島征彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494012435
ISBN 10 : 4494012432
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40

内容詳細

海になげこまれ、ふか=サメから逃れて、そうべえたちがたどりついたのは、海の底の竜宮城。飲めや歌えや、ごちそうでもてなしてくれた乙姫様は、実はふかの化けものだった…。そうべえシリーズ最新刊。

【著者紹介】
たじまゆきひこ作 : 田島征彦。1940年、大阪府堺市に生まれる。高知県で少年時代を過ごす。絵本に『祇園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)、『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっぽん賞受賞、いずれも童心社)、『はじめてふったゆき』(竹内智恵子・共作/1989年ライプヒチ国際図書デザイン展銀賞受賞)、『てんにのぼったなまず』(第11回世界絵本原画展金牌受賞、いずれもブッキング)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Lesen さん

    ふかに魅入られたそうべえ達。ふかに追われて竜宮城へ。サメが迫力あり。浦島太郎も乙姫さまも出て来て、今回はなかなか楽しかったです。そうべえ達も大冒険。浦島太郎のその後はこんな感じだったのね。

  • いろ さん

    版画風の絵がすごくいい。迫力の構成,色鮮やかで,滲んでいる色は素敵で。お話共々ぐぐっと惹き込まれる。ふかから逃れる見開き,いきなり青ばかりで,ふか が立体的リアルに恐ろしく見え,おお〜っとなる。会話だけの展開で分かりづらい時もあるが,案外8歳男児もしっかりついて来て楽しむ。「喝っ!」はページをめくる前に「来るぞ!」期待満々な表情で読み手の顔を見上げたり^^ 竜宮城の人達が実は…が「びっくり,怖いと思った」との事。浦島伝説の外伝チックなお話で面白い。最後はハッピーエンドだから,安心して楽しめた。

  • Maiラピ さん

    1978年初版の『じごくのそうべえ』をはじめとする、軽業師(かるわざし)のそうべえと、医者のちくあん、山伏のふっかい、歯医者のしかいたちが活躍する、累計100万部をこえるロングセラーシリーズ。第5作『ふしぎなりゅうぐうじょう』は桂米朝の上方落語「兵庫船」「小倉船」をヒントに創作←これが私のそうべえさんとの初めての出会い!絵はすべて 型絵染という技法で製作。 型絵染とは、文様の形に切り抜いた型紙と防染糊を使っ て染料で文様を染め出す日本独特の技法。型絵染も初めて知りました!ダイナミックなお話と絵です。

  • いっちゃん さん

    大好き、そうべえシリーズ。久しぶりに読んだ。味のある関西弁に、危機感を全く感じさせない落ち着きぶり。楽しい。

  • こどもふみちゃん  さん

    そうべえの落語絵本シリーズであるらしい。他には『じごくのそうべえ』、『そうべえごくらくへゆく』、『そうべえのまっくろけのけ』、『どろんこそうべえ』の4巻があるようです。4・5・6・7・8・9歳向け。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田島征彦

1940年生まれ。大阪府出身。幼少年時代を高知県の山村で過ごす。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)染織図案科専攻修了。型絵染作品で日本版画家協会展(現・会員)、京都洋画版画新人賞、高知国際版画トリエンナーレ。絵本に、『祇園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品