しちどぎつね 上方落語・七度狐より

田島征彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774313757
ISBN 10 : 4774313750
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26×26cm,40p

内容詳細

大阪の仲のいいふたり連れ、きろくとせいはちがおいせまいりに。道中、おなかを空かせたふたりは、スイカをみつけ…。七度狐に恨みを買って、何度も何度も騙されて。きろくとせいはちの爆笑ふたり旅。

【著者紹介】
たじまゆきひこ作 : 田島征彦。1940年大阪府堺市で弟征三とともに一卵性双生児として生まれ、幼小少期を高知県で過ごす。京都市立美術大学染色図案科修了。絵本に『祇園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)、『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっぽん賞受賞)、『はじめてふったゆき』(竹内智恵子・共作/1989年ライプチヒ国際図書デザイン展銀賞受賞)、『てんにのぼったなまず』(第11回世界絵本原画展金牌受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Lesen さん

    投げたスイカが狐に当たりました。この狐ただの狐ではありません。仇された事は七度騙して返す狐でした。騙し騙されてテンポ良く面白い。狐が騙していた所より、きろくの相方に悪ふざけした所が一番面白かったらしく爆笑してました。裏表紙の狐を見ると満足したようですね。田島征三さんと双子だったんですね、知りませんでした。

  • テビチ さん

    前の職場で子どもたちへの読み聞かせ用に図書館で借りた思い出の一冊。大笑いする子どもたちの姿に、選んで良かったと思った(笑)その後、この本を何度もリクエストされ自分も忘れられないお話に。最後のページが好きだ。

  • いっちゃん さん

    3 4年、読み聞かせ。関西弁こてこてやけど、うまく伝わったかな?落語絵本はやっぱり楽しい。

  • 遠い日 さん

    上方落語「七度狐」。きろくとせいはちの、伊勢参り。道中で関わりになってしまった七度狐のせいで、次々化かされる羽目に合う。一回やられれば七回祟るという狐。でも、どこかのんびり、安心してふたりが化かされるのを楽しめる。

  • ゆにす さん

    面白かったです。怖かったです(笑)読み聞かせしてみたけど、演じ分けが難しかった。もっと練習しなくちゃ・・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田島征彦

1940年生まれ。大阪府出身。幼少年時代を高知県の山村で過ごす。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)染織図案科専攻修了。型絵染作品で日本版画家協会展(現・会員)、京都洋画版画新人賞、高知国際版画トリエンナーレ。絵本に、『祇園祭』(第6回世界絵本原画展金牌受賞)『じごくのそうべえ』(第1回絵本にっ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品