アニマンラスト アニメ・イラスト・漫画の作法

田中達之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835456522
ISBN 10 : 4835456521
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
追加情報
:
144p;26

内容詳細

アニメーション作家、イラストレーター、漫画家、キャラクターデザイナーといくつもの顔を持つ著者が、自身の経験を踏まえつつ、アニメ・イラスト・漫画の描き方を絵と文で綴る本。デッサンと記号化、パース・カメラアングルのとらえ方、イメージの出し方、色や照明効果の使い方、などなどを自身のノウハウで語っていく。アニメ・イラスト・漫画を描きたいと思う人をはじめ、それらエンタメ表現が好きな人にも刺激がいっぱいの書物。


目次

1, マンガ&アニメと記号表現

「デッサン力」とは何か
「マンガ絵&アニメ絵」の正体
「記号表現」の是非
「現実」の再記号化
「大友克洋」の衝撃
「リアリティの地平」
「記号表現」の限界
「デフォルメ」と「フェティシズム」

2,技術と表現

「パース」と「アイレベル」
「キャラクター定規」
「画角」の選択
「望遠」と「空間表現」
「広角」と「不安定感」
「画角」と「画面構成」

3,アニメーションとデザイン

「アイディア」と「テーマ」
「イメージボード」と「キー・イメージ」
「デザイン」と「アーキタイプ」
「絵コンテ」と「カット割り」
「意思の動き」VS「物理の動き」
「互い違い」と「ランダム」
「原画」と「動画」
「記号」を疑う
「音響」と「演出」

4,イメージとリアリティ

「イラスト」と「構図」
「照明」と「記号表現」
「照明」と「光の序列」
「固有色」と「支配色」
「風景画」と「写真トレス」
「美しい景色」と「当たり前の景色」
「イメージ」と「抽象」

5,アニメーションと作家性

「アニメーション」と「マンガ」「イラスト」の違い
「個性」と「タレント性」
「アニメーター」はなぜ「負ける」のか
「職人主義」VS「作家性」
「アニメ業界」と「初期衝動」


著者プロフィール
田中達之(たなか たつゆき)
1965年福岡県生まれ。アニメーション監督、イラストレーター。映画『AKIRA』の原画をはじめ、TV『ふしぎの海のナディア』イメージボード、ゲーム『リンダキューブ』キャラクターデザイン (CANNABIS名義)、OVA『永久家族 』 絵コンテ・原画など、アニメやゲーム関連で活躍してきた。
PV『Utada - FLUXIMATION 「#12 Wonder 'Bout」』監督・原画、映画『Genius Party Beyond「陶人キット」』監督・作画・美術監督のほか、近年では数多くの書籍の装画に加え、実写映画『GANTZ』の武器デザイン、Rashad HaughtonのMV『Love Like Aliens』のストーリーボード、赤い公園のMV『交信』の監督も手掛ける。

【著者紹介】
田中達之 : 1965年福岡県生まれ。アニメーション監督、イラストレーター。CANNABIS名義も含め、アニメやゲーム関連で活躍してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 苑田 謙 さん

    大友克洋がすべてを変えた。手塚治虫すら彼の模倣者となった。しかし大友は、萌え絵だけは手をつけなかった。装飾過剰な萌え絵のフロンティアは、村田蓮爾が切り拓いた。トイレに行けない様な服、自分でセットできない様な髪型を、絵師たちは空想の少女に強制した。窮屈なニッチでの生存競争は、画一性をもたらした。アニメのスタイルは多様化した様に見えるが、いくつかの派閥があるだけで、どれも同じ文法で作られている。装飾だけが残り、作家性は死んだ。

  • ymnfmt さん

    デッサンは残酷なまでに多様な現実を描く営みで、アニメやマンガは様式的な記号に対するフェティシズム。上手い線画を描く人は、記号の手持ちが多い。上手い人って「どんなものもどんな角度からでも立体的に」描ける人だと思ったけど、実際は「(立体的には整合性がなくても)気持ちのいい記号」の寄せ集めができる人。目から鱗。他にもキャラ定規と雰囲気パースの話、広角は不安定、ライブ感、思春期の表現に向いている。アニメーターは技術と引き換えに「歪なこだわり」といった作家性を犠牲にしているなど…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品