新宿ピットインの50年

田中伊佐資

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309276694
ISBN 10 : 4309276695
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
261p;21

内容詳細

オープンから50年! 伝説を生み出し続けるジャズの殿堂をめぐり、超一流のジャズ・ミュージシャンが語りまくる。渡辺貞夫、日野皓正、山下洋輔、坂田明、渡辺香津美、大友良英、菊地成孔。

<著者紹介>
東京都生まれ。音楽出版社を経てライターに。「 ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズライフ」「ジャズ批評」などで執筆。単著に『商品の詳細オーディオ風土記』『ぼくのオーディオ ジコマン開陳』など。

【著者紹介】
田中伊佐資 : 1962年東京都生まれ。スイングジャーナル社を経て2001年フリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    新宿にあるジャズクラブ「ピットイン」の創業から50年をたどる本。社長佐藤氏と18名のジャズメンによる対談、ピットインとなじみ深いドラマーエルビン・ジョーンズの回想、他略史年表などで構成されていた。ライブの名演が行われたピットイン。年表には年別に誰のライブが催されたかが記されていて資料としても貴重だと思う。残念だったのは創業当時やライブの演奏写真が少なかったこと。関係者の手元には多く残っていると思う。写真集としての「新宿ピットインの50年」を読んでみたい。

  • Happy Like a Honeybee さん

    ジャズミュージシャンの聖地とも言える新宿ピットイン。 50周年を記念して、関係者たちが回顧する一冊。 オーナーが現場に介入せず、演奏家に任せた事が発展の要因か? 82歳のベーシスト鈴木勲氏曰く、いくら練習しても現場が大事。現在でも毎日4時間の練習を欠かさないから恐るばかり…。 ジャズ文化発展のため、ピットインの役割はますます重要になるだろう。

  • mustang さん

    これはすごい力作。年表だけでもこの本の価値がある。「サーキットの狼」にピットインという喫茶店が出てくるけど、関係あるのだろうかと以前から気になっていたが、この本に「当初は喫茶店であった」とあるのでひょっとして。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田中伊佐資

1962年東京都生まれ。スイングジャーナル社を経て2001年フリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

田中伊佐資に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品