概念ドロボウ 2 アフタヌーンKC

田中一行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065151877
ISBN 10 : 4065151872
フォーマット
出版社
発売日
2019年04月23日
日本
追加情報
:
186p;19

内容詳細

ここは数多の強奪者(=ドロボウ)が跋扈する街。「理想」を盗むドロボウとの戦いで傷ついた如月ウロは強制入院を余儀なくされる。そんな折、有馬刑事の従姉妹が非業の死を遂げた。この新たな怪事件に有馬は単身で挑む。さらに、一切の記憶を持たぬウロの過去が次第に問題視され、物語は風雲急を告げる。果たしてドロボウとは如何なる存在なのか!? ヒット作『エンバンメイズ』の作者が満を持して放つ、究極の異能活劇!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • トラシショウ。 さん

    「盗まれたのは「自信」だって言う有馬の推理・・・僕も同じ考えだ」。前巻より承前、人の「理想」を奪う卑劣な「ドロボウ」との戦いに自滅覚悟の秘策で挑むウロの顛末から、ウロ不在のままに従姉妹の不審死に関わる「六人の同じ顔の他人」の容疑者の謎に挑む有馬の奮起を経て、恐るべき「ガイネン」を奪う新たな「ドロボウ」との対決への導入まで。またとんでもない能力(笑)。見え隠れするウロの過去と記憶の矛盾。無敵の様に見えた主人公の唯一の瑕疵をこの段階で扱う、という事はそれほど長い話ではないという事なのかな(以下コメ欄に余談)。

  • わたー さん

    ★★★★☆1巻を読んだときほどの驚きは薄れたが、それでも十分面白かった。ただ、前回の続きの解決法が自滅覚悟のチカラ技だったのがちょっといただけないかなと。ラストではシンプルながらも強力な能力を持つドロボウの存在が示唆され、これにどう対抗するかが次巻の見所かなと。

  • カラシニコフ さん

    おそろいの顔が6つも並ぶともはやホラー。  ★★★☆☆

  • ひー さん

    有馬ちゃんが成長したね〜!ここにきてお仲間さんも登場してきて、ますます面白くなってきた。 次巻も楽しみです!

  • niwaniwatori さん

    引き続き面白い。やっていることは伝統的な能力バトルで、具体的には言葉の拡大解釈のゴリ押しのぶつけあい。裏のかき合いや能力の読み合いなどをきちんと積み重ねた上に、そんな馬鹿なと言いたくなるようなトンデモをぶつけてくる。このハッタリの利かせ方、好みの人には必ずぴたりとはまるはず。私ははまった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品