人類は衰退しました 1 ガガガ文庫

田中ロミオ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094513080
ISBN 10 : 4094513086
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
262p;16

内容詳細

にんげんさんは、かみさまです?
わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なことだろうとこの職を選んだわたし。さっそく妖精さんたちのもとへ挨拶に出向いたのですが……。
田中ロミオが長年の経験と風聞を駆使して挑む、全方位対象の新境地。ご意見ご感想、お待ちしています!

【著者紹介】
田中ロミオ : 1973年生まれ。PCゲーム中心に活動するフリーランスライター。『人類は衰退しました』で小説デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スズ さん

    人類が衰退し、平均身長は十センチ、楽しい事と甘〜いお菓子が大好きな妖精さんが地球の新人類となった世界で、人間と妖精さんの橋渡しを行う調停官となった少女・「わたし」が、妖精さんの起こす不思議な現象にお付き合いする事になる物語。人間を凌駕する科学技術を有しているのに、わたしの作ったお菓子にイチコロになって餌付けされてしまう妖精さんや、妖精さんに「食べちゃいますよ」と言ってビビらせるわたしも可愛く、次々美味しいお菓子を妖精さんの元に持参していく日々を送る中で、徐々に彼らに懐かれていく彼女の姿にとても和みました。

  • そのぼん さん

    何ともメルヘンチックなお話しでした。おとぎ話の様な雰囲気でした。以前に見ていたドラマ『ゴーイングマイホーム』に出てくるクーナを思い出しました。

  • ぺぱごじら さん

    物語の世界観と雰囲気に、伊坂幸太郎さんの『終末のフール』に通じる寂しさや空しさも感じましたが、差し迫った絶滅より穏やかな『衰退』という移行期の賑やかさは、居直った明るさとは異なるほのぼのしたものがありました(笑)。(所詮はぼく自身を取り巻く程度の狭い狭い世間ですが)ドタバタに巻き込まれている最中に安らぎを求めて慌てて読むのではなく、一線を退いて充電している今のような時期に、ある種の臨場感を覚えながら読めたことがとても幸いでした。。報告書が欺瞞と改竄と矮小化に満ちていて好きです(笑)。2013-69

  • 流言 さん

    独特の無責任ながらも等身大な調停官の一人称”わたし”とこの世界の霊長たる”妖精さん”の織りなす平和で愛らしく、同時に不安感を駆り立てる物語。行動力と時間の化身めいた”妖精さん”の手に掛かると、”わたし”との間でなされたアンバランスで何気ない会話も世界を改変する一因になっていく。日ごとに爆発的に成長しては一瞬で搔き消える世界は楽しくて楽しくて次はどうなるのか? と楽しみが連続する反面、”妖精さん”の創った存在が妖精さんの世界を飛び出て行くにつれてどうなってしまうのか? と心地よい不安定さを感じさせてくれる。

  • ひらちゃん さん

    久しぶりにラノベを読む。ふむふむ絶滅しそうな人類に変わって新たな人類蔓延る。それが妖精か。ちっちゃいし頼りないし、文明というよりか生態観察してるみたい。先も読んでみるか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田中ロミオ

ゲームシナリオライター・小説家

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド