挿絵で読む「坂の上の雲」をゆく 上

産経新聞取材班

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594029357
ISBN 10 : 4594029353
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,279p

内容詳細

松山、広島、下関、フィラデルフィア、鹿児島、青森、ベルリン、中国・遼陽、大分、旅順…小説の舞台を歩くと、日露戦争当時の日本人の気骨が見えてくる。

目次 : 片田舎に生きる明治の気概―冬枯れの千枚田/ 薩長超えた敗者の意地―仰ぎ見た松山城/ 海風が洗う三津の春―浜の渡し/ つかの間顔を見せた“明治”―子規が降りた新橋停車場/ 時勢を追った明治の主従―“殿様兵士”生んだ丹波・篠山/ 眺め変わった台の内外―東京・市ケ谷台/ 異彩放った“陸軍の父”―メッケル御殿/ 陽光に開かれた大名屋敷―東京・品川の戸越公園/ 野球愛した書生たち―子規堂あたり/ 明治文化「配電盤」に集う―本郷真砂町〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壮の字 さん

    松山はもちろん、多くの『坂の上の雲』(以下『坂』)ゆかりの地を訪れた記事がほどよい量にまとめられている。大きくスペースをとった挿絵は多少記事とのズレがあり、とぼけてて好い雰囲気を出している。『坂』の登場人物たちの縁者や地元関係者らの言葉も多く、明治から現在までの時間の流れも感じさせられる。印象深かったのは、親日家だったというロシア・クロパトキン大将のオルゴール。やばい、今月『坂』を読み始めるつもりであるが、敵将に好感をもってしまった。タイトルには「挿絵で読む」とあるが、記事内容で勝負できると思う。

  • KAZOO さん

    挿絵と一部産経新聞に連載されていた文章が掲載されています。何度か坂の上の雲は読んでいますが、松山時代というのが青雲の志というものがよく感じられています。それをうまく挿絵で表現されていると感じました。

  • ゆうぼう さん

    図書館をぶらぶらしている中、ふと手に取ったこの本。どうも相性が悪いこの作品だが、挿絵付きなら読めるかと開きました。下巻も読んでみようと思います。やっと読める齢になったのか。

  • 寅次郎 さん

    再読です。一日で読了!ドラマとダブリました。

  • 半べえ (やればできる子) さん

    ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品