蒼天航路 17 モーニングKC

王欣太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063286465
ISBN 10 : 4063286460
フォーマット
出版社
発行年月
1999年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,229p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 桃水 さん

    2010/10/27:孔明正式登場?巻。あまりに個性的すぎ…ぶっ飛んだ孔明キャラにちょっとめまいが…。劉備、こんなのを迎えて大丈夫なのかしら。

  • 明智紫苑 さん

    ううっ。やはり、この漫画のキャラクターで一番嫌いなのは孔明さんだわ。史実や陳舜臣さんの小説の孔明さんは好きなのに、ああ。卞氏はいい具合に歳を重ねて、嫌味なく良妻賢母に成長している。なるほど、この成長した姿を描くためにこそ、初登場時はギラギラした野心家設定だったのね?

  • しの さん

    ついに三顧の礼の場面です。あまりに中性的で淫靡な雰囲気の孔明。イメージと大きく違わないけど、でもなんか違うw関羽の劉備に対する感情は、今まで読んだ三国志とはちょっと違うように描かれていて、なんだか劉備の気持ちになったら切なくなりました(´._.`)ノ

  • チャーリー さん

    三顧の礼で諸葛孔明を迎え入れた劉備。孔明のキャラクターを淫靡な雰囲気にしたことが面白い。 赤壁の戦いで、どのように周瑜と絡むのか楽しみだ。

  • ぬ さん

    【借】三顧の礼で孔明を迎え入れる劉備・関羽・張飛。だが・・・。 孔明が他の三国志作品と違ってとても変態のかほりがしてギョッとした。女性をたくさん侍らしたり、特に、初対面でのおちんちんびろーん芸は変態上級者なのかななんて思ってしまった。 孔明のおちんちんびろーん芸の出オチ感もなかなか凄まじいものがあったけれど、かわいい顔してなかなか恐ろしいことを考える野心家の劉表の出オチ感も否めない。もうちょっと恐ろしい面も見てみたかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品