鵼の絵師2 Nemuki+コミックス

猪川朱美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022141644
ISBN 10 : 4022141646
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
202p;19

内容詳細

生者を描くと魂を奪われる。そんな噂が嫌になって?の絵ばかり描いている「?の絵師」。だが、死者に会いたいと願う依頼者が彼に肖像画を頼みに来る。記憶の中にすむ死者が、彼のキャンパスにいかに蘇るのか? 第2巻5話収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • wata さん

    1巻も良かったけど2巻はもっと良かった「白い残像」「月のうた」はグッときたし。「シアワセな男」旦那様はお正月どっちの宅へ帰るかなぁ(^^;

  • はつばあば さん

    漫画を選ぶというのはインスピレーション・閃きが大事。1巻を読了と思っていたらなんと立ち読み版だった。再度1巻から購入し直し再読。河童の三平の次は鵺に。生者を描けば魂を奪い、死者を描けば蘇らせるという噂の肖像画家とホトガラ屋さん。?ホトガラ屋さんて??(写真屋さんでした(*´з`))そしてちょっと不思議なお坊様。絵も綺麗で内容もほのぼのから、しっとりじんわりの1巻2巻読了。急いで読むのが勿体無い。・・kindleって悪魔に魂を奪われた(-_-;)

  • ななこ さん

    「月のうた」と「華の痕」がすごく好き。1巻目よりも英二郎の立ち位置が定まってきていて、謎の絵師から少しずつ人間味のある温かな人物になってきているのが嬉しい。この漫画は本当に死と隣り合わせだけど、不思議と怖さや悲しさよりもじんわりとした温かさが胸に広がります。英二郎って間違いなく美男子なのに、女性たちはそれほど騒がないんだなぁ(笑)昭和という時代だからか、皆に奥ゆかしさがあって素敵です。

  • くりり さん

    「盆正月は大忙し」や「あつあつのおしるこ」が面白かったが、やっぱり最後の話「姐御」にぐっときました。武勇伝と涙がExcellent!

  • 瀧ながれ さん

    「あとがき」で、主人公の発想の起点が、竹内栖鳳先生と知って、なるほどーと思いました。で、2巻。「立派な夫」と「くつろぐ愛人」の依頼を受けたら同一人物だったハナシが、オチのホトガラ屋のセリフも含めて、なんとも複雑でおもしろかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品