ランウェイで笑って 13 週刊少年マガジンKC

猪ノ谷言葉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065173602
ISBN 10 : 4065173604
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月15日
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

美依と共に若年層向けライン“novice”のWデザイナーに抜擢された育人。遠の合同展示会参加を知り、売り上げトップを目標に勝ちを目指す。だが、本音を隠す美依との距離が縮まらず、コンセプトが決まらない。育人は千雪が参加するTGCへの出品も諦めつつあったが、千雪のほうが、意外な人物との繋がりを得て…!? TGC、そして2か月後に迫った東京ファッションウィーク…。チームを導く身となった育人の正念場!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    美依の甘ちゃんな性格は好きじゃないけど、最後のは良かった。相当な覚悟がいったろうな。

  • 空のかなた さん

    ボス(母親)綾野の息子遠への屈折しているかもしれないけれど、自分の後継者になることを切実に願っている愛情の深さは印象的。そしてこの刊では美依が弱虫さんから強くなるプロセスがメインテーマ。そのスイッチを押したのもチーフデザイナーになった育人。この刊で登場したアジアトップスタイリスト加地照美が、千雪の新たな将来を開いていく予感をもたらしてくれる。気持ちが良い展開。See now buy now。これも今のファッションのトレンド。育人の出番は少ないけれど、面白かった。

  • leo18 さん

    佐久間さんがすっかりメインキャラだけど、この描き方は応援したくなるなあ。

  • 毎日が日曜日 さん

    デコルカバン売れるかな?

  • なみき さん

    育人くん、女の子と組んでは進む道を開くひとになってる。佐久間さんの服を引っ張る佐久間さんの幻影のシーン、いいなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

猪ノ谷言葉に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品