我が名は、カモン

犬童一心

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025285
ISBN 10 : 4309025285
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
305p;20

内容詳細

大御所俳優、おさわがせ女優、伝説の劇作家…芸能マネージャー加門を襲う難問奇問!犬童監督の初小説。

【著者紹介】
犬童一心 : 映画監督、CMディレクター、脚本家。1960年東京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • テクパパザンビア さん

    面白かった。演劇とかに特に興味はないけど楽しめた。芸能マネージャーって本当に大変なんですなぁ〜。私も自分のいたい場所がはっきりあるようにしなければ…。さすが映画監督の作品ですねー映像が浮かんで読みやすかった。

  • プル さん

    2章目から加速がついて、本当楽しい内容。所々、この物語の文章が、舞台用の台本じゃないの?とういう文体も出てくる。それが読むに勢いをつけてくれるのかもしれない。最後のくだりは…好みかなぁ。

  • 波多野彩夏 さん

    「このまま、映画や舞台になるんじゃないだろうか」という思いが、ふと浮かんだ。それぞれのキャラクターが立っていて、目の前で生き生きと動き出す。大学時代に芝居の世界とめぐり会い、やがて縁の下の力持ちとして働き始めるカモン。ワガママな女優、往年の俳優、幻の脚本(ホン)書き。次から次に襲うトラブルに、体当たりでぶつかっていくカモン。物語が進むにつれて、一癖も二癖もある登場人物達がいとおしくなる。「これが、人間だ」と太鼓判を押したくなる。芝居に取りつかれた人々の熱量を描いた人間ドラマに、一気読みせずにはいられない。

  • 紅茶タイム さん

    内容はかなりリアルなんだろうなと興味深く読めました。問題が山積で続きが気になり読みやすくはありました。伝説の脚本家なのかもしれないけど、あのじいさんの身勝手さに読んでて辟易しました。正直出来上がった脚本の良さもよくわかんないし。ちょっと残念。

  • うさこ さん

    劇団自由演技の役者からマネージャーになった加門慶多。愛すべき先輩達、わがままな若手女優、現実逃避が得意な二代目社長、熱血新人の後輩、そして、40年前に忽然と姿を消した伝説の劇作家遠山ヒカル。一癖も二癖もある登場人物たちが目指すのは、穴が開いた舞台の代わりに、40年前の未完の戯曲「我が友、世界へ」を上演させること。趣味が映画と芝居と読書な私には、いろいろ熱くなってしまう犬童監督の初小説。ちょっと脚本風な地の文の運びに最初は違和感もあったけど、慣れるとおかしみがあってテンポもよく、面白かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

犬童一心に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品