DVD

トミカヒーロー レスキューフォース VOL.4

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DB0215
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
限定盤, 2008

内容詳細

【第12話】
ヒカルは朝のテレビ番組に出ているお天気おねえさん、雨宮キララのファンである。実は響助もかくれファンで、サーンとシーカもキララが大好きだというからややこしい。怒ったマールがキララの天気予報とは、ことごとくちがう天気をつくったからたいへん。テレビ番組にゲストで呼ばれたR1、R2はキララをはげますが、マールはおさまらない。とうとう巨大タツマキが出てきた!
【第13話】
レスキューセイバーができると総司令と石黒が話しているのを、響助が聞いてしまった。ヒカルのようにビークルに乗りたい響助はパイロットになりたくてしかたない。そして超災害があちこちで発生。こんど失敗したらスクラップにされてしまうというマールたちも必死だ。レスキューストライカーに乗ったR1がダメージを受ける。R2がばくだんを持ってとびこんだっ!
【第14話】
ケガをした響助からメールがきた。ヒカルは心配でしかたない。山の湖が砂地になってしまう事件がおきて、総司令と石黒はこまっていた。マールたちの姿がなく、原因がわからないのだ。そして謎のシルエットがわらった。「テラリセッター、発進せよ」。巨大なメカが街の広場におちる。R1のレスキューストライカーが砂にうもれて動けない。その時、何かが飛び出してきた!
【第15話】
暗い部屋でマール、サーン、シーカ、そしてもう一人ダーエンが目ざめた。ヒカルのようすがおかしい。修理中のレスキューストライカーが気になるため元気がないと思ったレイは、ヒカルをさそって遊びに行く。そこに落ちてくるテラリセッター。R2とR4がかけつける間にヒカルとレイは救助を始めるが、テラリセッターの放つ音に苦しみ出す。急げレスキューセイバー。

タカラトミーのミニカー“トミカ”ブランドを冠にした、実写による特撮TVシリーズ。世界消防庁が結成した特殊部隊“レスキューフォース”の面々が未曾有の災害に立ち向かう、爽快なレスキュー・ドラマだ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

国内TV に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド