まちあわせは木のところ コドモエのえほん

牛窪良太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592762263
ISBN 10 : 4592762266
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24p;18

内容詳細

一本の大きな木に集う動物たちのすてきな一年間。たっぷり四季の変化を味わおう。2歳から。

【著者紹介】
牛窪良太 : 大阪で生まれ、東京で育つ。桑沢デザイン研究所卒業。第21回講談社絵本新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるごん さん

    2歳9ヵ月。木のところで待ち合わせをする動物たち。季節が移り変わっていくのが綺麗。木も少しずつ変わっていく。最初のページと最後のページが過ぎていった時間を物語る。

  • どあら さん

    図書館で借りて読了。

  • ニャーテン さん

    メリハリの効いた色使いが鮮やか。一本の木を中心に移ろう四季と動物たちの暮らし。最後はまた再び春が訪れ…。正直、なんてことないストーリーだなぁと最初は思っていたのだが、この絵本を細く長く気に入っている息子から何度もくり返しをリクエストされるうち、こうして何気なく過ごしている春夏秋冬の日々を愛おしむ気持ちが湧いてきた。リアルでも春がまた始まる今、一年の時の流れをふり返り、感慨深いものがある。

  • しい さん

    季節を感じられてよかったです。たくさん動物が出てきます。

  • mintjam_ さん

    1本の木を中心とした四季が定点観測&ループ的構成で描かれた小さくも濃密な絵本。そこは動物たちのお気に入りで、近くに池や岩もあり、舞台の一部として一役買ってます。小道具も含め、画面の隅々まで楽しめますよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品