あなたの右手は蜂蜜の香り

片岡翔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103526117
ISBN 10 : 4103526114
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
280p;20

内容詳細

あたしのせいで動物園に入れられた「あなた」を、必ず救い出す。どんなことをしても。そう誓った日から、雨子は親友の那智くんとも離れ、ヒグマの飼育員になるため邁進する。だが、それは本当に「あなた」の望むことなのか。大人になった雨子が出した結論は―。真っ直ぐに誰かを想う気持ちが交差する、切なく温かな物語。

【著者紹介】
片岡翔 : 1982年、北海道生まれ。2014年に映画「1/11」を監督。脚本家として、「町田くんの世界」「I’s」「トーキョーエイリアンブラザーズ」「きいろいゾウ」などを手がける。2017年、初の小説『さよなら、ムッシュ』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちなぽむ さん

    くまが大好きな雨子は、ちいさな頃にくまに近づきすぎて、こぐまの「あなた」の大切なものを奪ってしまいます。そのことは雨子の心に大きな傷をつけ、雨子は「あなた」の為だけに生きようと決めるのです。 いつから私たちはいのちの順番を決めることを覚えたのでしょう。雨子の行動には正直モヤモヤもしたけれど、こんな風に大切なものの順位が他人とは違っていて、自分の中で折り合いをつけるしかない「常識」にうまく納得がいかないのは生きにくいだろうな。あまくてかわいい装丁とはうってかわって、これは300pに渡る異類婚姻譚です。

  • ❁かな❁ さん

    『さよなら、ムッシュ』が大好きなので2作目も読みました。前作とは違って読むのに苦戦。幼い頃にある出来事があり動物園に入ることになった子供のクマ。雨子はクマのことを「あなた」と呼び、必ず檻から逃がしてあげると誓う。長い年月ずっと自分を責め続けてるのが読みながら辛くて苦しかった。雨子の心を解放してあげたい。自分のことや他のことを考えて生きてほしいと思った。あの頃にもっと雨子の心に寄り添い、考え方を違う方向に導くことができてたらなぁ。那智くんの想いが切ない。あめちゃんのせいじゃないよ。前作のムッシュが大好き。

  • buchipanda3 さん

    小さい頃の無垢な気持ちを思い出させる物語だった。幼い時の体験から雨子はある子熊を動物園から救い出すことを誓う。その懸命な姿は真っ直ぐで純粋だけど、世間から見るとズレているところが何とも微妙な気持ちにさせる。命の大切さに人も動物も変わりはない。だけど世の中には矛盾があって、私たちは大人になるとそれをいつの間にか飲み込んでしまう。実父からの愛情へのわだかまりが、雨子の無垢さを消し去らなかったのかも。でも彼女は多くの人の愛情を受けていた。そう思ったら切ない気持ちでいっぱいになった。手に残る香りの表現が印象深い。

  • mint☆ さん

    初読み作家さん。なんとも言えない読後感。子供の頃「あなた」の大切なものを奪ってしまったと思い、ずっと自分を責め続ける雨子。責め続けて本当に行動にうつしてしまう。重い。胸が痛い。雨子の行動にずっとハラハラし通しでした。那智くんの思いも切ない。雨子はこれで本当に良かったんだろうか。読み手によって思うことが変わってきそうな、不思議なお話しでした。

  • 南雲吾朗 さん

    痛い…物凄く心が痛い。みんないい人ばかりなのに…。雨子の気持ちも、那智君の気持ちも、お父さん、お母さんの気持ちも砂村さんの気持ちも痛いほど理解できるし、心の中に浸みこんでくる。雨子の行動はわがままで自分勝手で他人の事を考えないという見方もあるが、果たして本当にそうだろうか?人間社会という枠で考えればそうなのかもしれないが、果たしてそれがすべてと言い切れるだろうか?何が幸福なのか?何が大切なのか? 命の重さは変わらない、蚊も、蠅も、クマも、人間も…そんな、当たり前のことを含め、色々と考えさせられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

片岡翔

1982年、北海道生まれ。2014年に映画「1/11」を監督。脚本家として、「町田くんの世界」「I’s」「トーキョーエイリアンブラザーズ」「きいろいゾウ」などを手がける。2017年、初の小説『さよなら、ムッシュ』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品