花君と恋する私 10 別冊フレンドkc

熊岡冬夕

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063419566
ISBN 10 : 4063419568
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
159p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蝶よ花You さん

    学生なりの、子供なりの精一杯な恋愛。見させて頂きました。思い通りになる事が少ない中で、そこに、その時できる限りの幸せを掴もうとする。障害やら何やらある中で意外と難しい事だったり。それを「二人なら…」と乗り越えようとする花達が愛しい。大丈夫、この二人なら…と思わせてくれます。とりあえず目下の最大の壁となるあのお方。乗り越えられた暁には、将来の展望も夢じゃない?(笑)

  • 花結び さん

    七瀬はほんとに結婚するまでそういうことはしないって言いそうな感じがするけど案外そうじゃなくて二人のやり取りにニヤニヤしてしまった(ノ∀`●)それにしても七瀬のパパ・・・親だからお父さんの気持ちも分からなくはないけど願わくば自分は花君のお父さんの対応をできる親になりたい。

  • あき さん

    「何があってもずっと…花君のそばにいたい!!」表紙が毎回かわいいですよね。今回のご両親にあいさつの話もよかったけど、こー子とイッチー君の話がすごく好きでした。「終わっちゃうのやだよ こんなに好きなのに」の告白がすごく青春っぽかったです。番外編をちょっとずつ挟んでいるので読みやすいし、いろんなキャラをもっと好きになれました。

  • パンジャビ さん

    両想いになって、今度はどんなイチャ甘かなーと思って読んでたら、話が両親に広がってビックリした。七世のオトンは…何つーか、頑固親父一直線?反対に花君のオトンは意外とこなれたいい感じの人だった。でも親公認の仲になれたらいいね。最初の方で七世が花君にキスさせて、と言う所はよかったなー。2人はもっとイチャイチャしていいと思うよ!

  • まりもん さん

    レンタル。再び付き合うことになって幸せかみしめている花君が好きだな。七世のお父さんは心配だからといって口出ししすぎて親子喧嘩勃発。頑張れ花君&七世。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品