灰野敬二の世界

灰野敬二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309273242
ISBN 10 : 4309273246
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
326p 19cm(B6)

内容詳細

挑みつづける不失(者)―灰野敬二の世界を開示し、そして黙示する、はじめての書。

目次 : 対談 音楽を求めて、「音楽」から離れて(ジム・オルーク×灰野敬二)/ せめぎあう両極―言葉と即興(佐々木敦×灰野敬二)/ 生まれ、変わる細胞―生命・身体・場と意識(後飯塚僚×灰野敬二)/ 愛・魔術・勇気―世界から見たKeiji Haino(ヒグチケイコ)/ ディスコグラフィ(福島恵一)/ 活動記録/ 灰野敬二インタヴュー

【著者紹介】
灰野敬二 : 1952年、千葉県生まれ。1970年、即興グループ“ロスト・アラーフ”にヴォーカリストとして参加。74年に解散。71年頃からソロで自宅録音による音響制作を開始、その後ギター、パーカッションを独習する。70年代半ばにはサックス奏者の阿部薫などと交流。77年、フリー・ミュージック・ユニット“ヴァイブレーション・ソサエティ”への参加を経てライヴ活動を再開し、78年にはロック・バンド“不失者”を結成。1981年、ソロ・アルバム『わたしだけ?』を発表。2012年7月には初のドキュメンタリー映画が公開された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • you999 さん

    読むところは三分の一くらい。なんか大野一雄のことばみたいだなと思って読んでいたら「ラ・アルヘンチーナ頌」の初演を見ていてこりゃだめだと思ったとかdisってた。さすがは灰野さん。ジョニサンも Hurt Me でだめになったというのも彼らしい。

  • 保山ひャン さん

    灰野敬二さんと、ジム・オルーク、佐々木敦、後飯塚僚それぞれとの対談。灰野さんの対談におけるスタンスの変幻にまず幻惑される。ヒグチケイコによる世界から見た灰野さんの記事と、そして労作、ディスコグラフィと活動記録。僕も灰野さんと対バンしたことがあるのだが、活動記録見ると、なんともう10年以上前!つい先日のことのように鮮明に覚えているのに。

  • tegege さん

    灰野のCDをさらに聴きたくなる点と、ライブ記録の資料性で、非常に貴重な本だ。人物像より考え方に着目した編集視点も読みごたえあり。

  • afrorampo さん

    灰野敬二の音楽には、実験的とか前衛的という表現が似つかわしくないプリミティブな響きが感じられるが、本人によって語られる言葉から、音楽に対する真摯な姿勢が伝わってきて、ああいう音楽を演奏する理由がよく解る。難解ではなく、非常に素直な思いがそのまま音になって表れる。本当は誰にでもパーソナルな音世界があるのかも知れないが、多くの人は世に溢れる音楽に影響されて、平均的な音楽のイメージができあがる。灰野さんがブレることなく自分の音を堅固に維持しているのは、誰よりも音楽が好きだからだろう。

  • ミテイナリコ さん

    言葉を大事にするひとだなあと。特別な何かを持ち続けているひと。半分は資料かな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

灰野敬二

アヴァンギャルド/ノイズ・アーティスト、灰野敬ニの歴史は1971年日本初のインプロヴィゼーション・バンド「オストアラーフ」を結成したことに始まる。 その後、伝説的アルトプレイヤー、阿部薫との「軍楽隊」や琴奏者・竹田賢一との「バイブレーション・ソサエティ」で活動。またフリーフォームのロックバンド不失者(78年)、「滲有無」(90年)、歌謡曲/GSを独自にカバーした「哀悲謡」(98年)と年

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品