天地人 下 文春文庫

火坂雅志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167773595
ISBN 10 : 4167773597
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
追加情報
:
16cm,508p

内容詳細

光秀討滅後、着実に日本統一への歩みを進める秀吉の膝下に、上杉家も屈する。領国安堵された二人は、次第に豊臣政権でき大きな存在となる。石田三成と親交を結ぶ兼続だが、秀吉亡き後、徳川家康と対立し、遂に関ケ原の戦いを迎える…。信長、秀吉、家康と渡り合い上杉家を存続させた主従の姿を描いた大河小説。

【著者紹介】
火坂雅志 : 1956年、新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て88年『花月秘拳行』で作家デビュー。上杉景勝の家臣、直江兼続の生涯を描いた『天地人』が2009年のNHK大河ドラマの原作となり、2007年大13回中山義秀文学賞を受賞した。現在、最も注目されている歴史小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    いよいよ上杉家にも大きな変化が訪れる下巻。時代の大きな流れの中で、兼続自身の口から何度も"義"とは?を問うのは、著者の兼続愛の為せる業なのだろうが、結果が結果なだけに、兼続を清廉潔白に描きたい欲が仇となり、"愛"に昇華したはずの"義"が、薄っぺらい自己弁護にも見えてしまうのは残念なところ。ただ、この人物像なくしては、直江状の痛快さも減じられてしまうので、匙加減の難しいところではある。この時代の武将としては珍しく、石田三成と友好関係にあったというのも兼続の特徴なので、その理由も掘り下げて欲しかった。

  • とん大西 さん

    私心がないから強いのか。私心を凌ぐ義の心魂、仁愛を貫く士道があるからこその強さ故か。関ヶ原の引き金の一つとなった直江状。「讒言を真に受け、上杉の名誉を貶めようとするなら、是非に及ばず」…。そこまで言うならかかってこい−家康への強烈な啖呵が鮮やかです。関ヶ原の後は滅びの美学を捨て、徳川政権下で泥臭く生きた上杉。それを可能ならしめたのも武将・行政家・政治家として稀有の才能を発揮し続けた兼続の「義」があったからこそでしょう。やはり、オトコ前です。

  • びす男 さん

    正義と現実は折り合いがつかず、純粋な正義はいつか滅ぶのが世の常。そのなかで、上杉家を生き長らえさせる、という執念を兼続の「義」とした点が、この小説の持ち味であり弱点だと思う。謙信、石田三成、真田幸村らがそれぞれ義の花を鮮やかに咲かせた一方、景勝と兼続の義は一見して分かりづらいし、変転しているようにも映る。だからこそ、各々の人生観の奥ゆきを楽しめた。家康が関ヶ原に打ってでた時、兼続と景勝の「離れてゆく敵の背に矢を向けない」という涙ながらの決断が心に染みた。どのような謗りを受けても、立派な決断だと思う。

  • 優希 さん

    日本統一を目論む秀吉に屈しながらも、己の正義を貫いた景勝と兼続がここにはいました。豊臣政権下で大きな存在となり、三成と志を共にすることからも、兼続は秀吉のもとでもなくてはならない存在となっていたことでしょう。愛を掲げ、義を唱えた兼続。家康との対立と関ヶ原を経つつも、上杉を守り抜いた一人の軍師に多大なる主従の想いを見たようでした。

  • 如水 さん

    下巻は幸村人質生活始まる、から。今更ながらに気付いたのですが、作者の出身、新潟やったんですね😅…そんな事関係無く面白かったですよ。上巻の感想にも書きましたが、僕はこの話の趣旨は『利か?義か?』だと思っとります。下巻はこの「義」にも様々な形が有って、では兼続の「義」は?と言うのを探求した結果『愛』だったと言う事を軸に話が進んで行った、と思っとります🤔あっLOVEでは無いですよ、念の為。何の愛か?は読めば分かります🤫しかし…最初から最後迄強烈だった、上杉軍団💦これで天下取れ無いのかぁ😨地の利ねぇ😑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

火坂雅志

1956年新潟県生まれ。早稲田大学卒業。出版社勤務時代の88年に『花月秘挙行』でデビュー。2007年『天地人』で第13回中山義秀文学賞を受賞。2015年、逝去。本書『北条五代』が絶筆となった

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品