寂聴 残された日々

瀬戸内寂聴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022517258
ISBN 10 : 4022517255
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
200p;20

内容詳細

忘れてしまったことも、すべて記録されている。九十過ぎての遺書になっているのかもしれない。生きる楽しみのすべてを犠牲にして、ひたすら書き通した百年ばかりの人世は、一応筋を通したことになろうか。朝日新聞連載の書籍化。

目次 : 女流作家の訪れ/ 続・女流作家の訪れ/ 防空壕/ もう一人の男/ 春画展に行こう/ 高橋源一郎とSEALDs/ 罰か慈悲か/ 幻人横尾忠則さんの幻画展/ 明日はしれない今日の命を/ 老いていく被災者たちは〔ほか〕

【著者紹介】
瀬戸内寂聴 : 1922年、徳島県生まれ。小説家、僧侶(天台宗権大僧正)。東京女子大学卒業。57年「女子大生・曲愛玲」で新潮同人雑誌賞を受賞し、作家生活に入る。73年に得度し、「晴美」から「寂聴」に改名、京都の嵯峨野に「曼荼羅山 寂庵」を開く。女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞、泉鏡花文学賞など数多くの文学賞を受賞。2006年には、文化勲章を受章する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • クプクプ さん

    源氏物語を現代語訳した話や京都の寂庵での話、1973年に出家した話、数々の有名人との交友関係の話が面白かったです。面白かったのは30才の寂聴さんの秘書の瀬尾まなほさんの話です。瀬尾まなほさんは寂聴さんの話をまとめたエッセイを書き、その本が売れて今、相当有名になっているそうです。私は存じ上げないので機会があったら読んでみたいと思います。瀬戸内寂聴さんに対してはこのエッセイ「寂聴 残された日々」より集英社文庫、田中慎弥「共喰い」の巻末で田中慎弥と対談した「書きつづけ、よみつがれるために」の方が面白かったです。

  • ゆずぽん さん

    朝日新聞の連載を1冊にまとめたもの。古い思い出やコロナのことまでたくさんの思いが詰まったエッセイ。「私の忘れてしまったことも、この連載エッセイの中には、すべて記録されている。言葉を変えれば、私の九十過ぎての遺言になっているのかもしれない」という言葉はなんとも寂しく思えた。こんな時世だからこそ、寂聴さんの言葉が響くな。

  • hiromura さん

    朝日新聞連載のエッセイ6年分。明るい笑顔と元気そうな声の寂聴さんが、98歳で、さすがに弱ってらっしゃる。書きたいのと食欲があるのは何より。多くの出会いがあり、幸せな人生に見えるが、そのほとんどの人達が、今やあの世にいるのは寂しいこと。

  • エレーナ さん

    瀬戸内寂聴さんの現在と過去がよく判るエッセイ。それと、乙武洋匡さんが「これから生きのびるには、小説家になるしかないのでは」という寂聴さんの指摘が、的中した様に思える。

  • なかちゃん さん

    さすが寂聴さん! 面白かった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀬戸内寂聴

1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒業。63年「夏の終り」で女流文学賞受賞。73年、中尊寺にて得度。92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。06年に文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に

プロフィール詳細へ

瀬戸内寂聴に関連するトピックス

  • 瀬戸内寂聴が十年の歳月をかけた小説集 親しい友人も肉親も、愛した男たちもすべて、もうこの世にはいない。病を乗りこえ、93歳でなお書かずにいられない衝動に突... HMV&BOOKS online|2015年11月04日 (水) 16:02
    瀬戸内寂聴が十年の歳月をかけた小説集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品