アメリカから遠く離れて

瀬川昌久

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309291109
ISBN 10 : 4309291104
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
329p;20

内容詳細

ジャズ評論の大長老と映画批評の巨人による饗宴がはじまる。『國民の創生』『教授と美女』『阿片戦争』…映画と記憶に誘われ語られる、いい加減で真剣な文化とのつき合いかた。

目次 : 1章 二〇一八年十一月二十九日(「カクテル・フォー・トゥー」/ 瀬川昌久の幼少期 ほか)/ 2章 二〇一八年十二月二十一日(瀬川少年、海軍に憧れる/ 「京都学派」と新聞小説 ほか)/ 3章 二〇一九年四月二日(『A Lion Is in The Streets』/ 忘れじのヒューイ・ロング ほか)/ 4章 二〇一九年四月二十六日(リンカーン殺しに扮するラオール・ウォルシュ『國民の創生』/ 映画の中の黒人の描かれ方 ほか)/ 5章 戦前の日本映画アンソロジー(小津のモダニズムと一九三〇年代京都ヌーヴェル・ヴァーグ/ 高級車と職業婦人の描き方、あるいは伏水修という監督 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • garth さん

    「先ほどタクシーに乗ってまいりましてね、なぜ安倍さんはあんなに支持率が下がらないのか、それをどう思うのか運転士さんに訊いたら、お客さんそれは簡単ですよ、他に人がいないからです、というんです」蓮實重彦がこんな直截なことを言っている!

  • chiro さん

    蓮實重彦と瀬川昌久という映画・音楽を評する重鎮による語りは1930年代以降のアメリカとヨーロッパ、そして日本の作品群を網羅したもので取り上げられたどの作品も目にしてみたいと思わせるものであった。

  • yoyogi kazuo さん

    音楽界と映画界の重鎮どうしの重鎮トークだが、至って軽妙であり決して重い話ではない。ところどころ日本の現状とこの先の日本を憂う発言が飛び出すのは仕方ないというか、それこそがこの本が今出版された意義なのであろう。戦前戦後の映画や音楽にはまったく詳しくないので半分くらいは読み飛ばしてしまった。小津や溝口の映画が世界レベルだったのと同じく戦前のジャズに影響を受けた日本の歌謡曲のレベルが高かったことはもう常識だと思うが、三島由紀夫を「平岡」と呼び捨てにできた瀬川さんが語るとその評価には重みが増す。

  • 中本陽介 さん

    エリック・ロメールの『グレースと公爵』が観たくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀬川昌久

1957年生。東北大学東北アジア研究センター教授。文化人類学、華南地域研究が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品