そして、バトンは渡された 【2019年本屋大賞受賞作品】

瀬尾まいこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163907956
ISBN 10 : 4163907955
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
372p;20

内容詳細

血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。

【著者紹介】
瀬尾まいこ : 1974年、大阪府生れ。大谷女子大学国文学科卒。2001年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2009年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • どんふぁん さん

    2019年5月1日読了。森宮さんいいキャラクターしてるー!森宮さん大好きだわー。優子のいい子キャラもいいんだけど、森宮さんと優子のやりとりで何度笑ったか。優子は真面目でいい子だからか、人に恵まれてるなぁ。うらやましいです。大家さんを含めどの親もどこかかけてるけど、愛にあふれた人たちだったなと。ステキな家族のお話でした。2019年本屋大賞、おめでとうございます。

  • starbro さん

    2019年本屋大賞ノミネート&ブランチBOOK大賞2018ということで、読みました。ノミネート作9/10、瀬尾 まいこ、初読です。本書は、発売されてから1年以上経過しているので、新作ハンターとしては失格です。イレギュラー・ファミリー・コメディとして、佳い作品だと思いますが、大賞を獲る程の勢い&感動はないので、3〜5位レベルではないでしょうか?続いてラストのノミネート作『さざなみのよる 』ですが、図書館の予約の関係で本屋大賞発表までには、読めそうにありません。 読了日・感想を編集

  • nanako さん

    読んでいる途中は、フラットな物語の展開に「?」「この先、どうなっていくんだろう…」と思うこともありましたが、後半、どんどん面白くなっていきました。森宮さんのキャラクターが最高で、優子との会話は読んでいて楽しかったです。感動がじわじわくる感じで、特に森宮さんが一人称で語る最後の数ページは本当によかった!登場人物が皆いい人で、主人公のことを考えてバトンを渡していく…。平成最後の日に、素敵な本を読めてよかったです。

  • ウッディ さん

    3人の父親と2人の母親がいて、4回も苗字が変わった優子。複雑な家庭事情にも関わらず、誰からも愛されて素直に育った優子は、今は少しずれた愛情と親としての責任感を持つ森宮さんとの2人暮らし。2人の会話がほのぼのしていて面白く、料理やスイーツがとても美味しそうだった。瀬尾さん小説に出てくる人は、良い人ばかりで、安心して読めます。クールな向井先生の手紙にあった「あなたみたいに親に沢山の愛情を注がれている人はなかなかいない」という言葉が印象的だった。周囲の人を大切にしたくなる物語だった。とっても面白かったです。

  • ちえこ さん

    なんとも無理やりな設定、絶対にありえない…と思いながら淡々と読んでいたが、最後にいろんな人の思いを知らされて号泣してしまいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀬尾まいこ

1974年大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒業。2001年『卵の緒』で坊っちゃん文学賞大賞を受賞しデビュー。05年『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞、08年『戸村飯店 青春100連発』で第24回坪田譲治文学賞、13年に第31回咲くやこの花賞文芸・その他部門を受賞。18年『そして、バトンは渡さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品