ダビッコラと宇宙へ MOEのえほん

濱口瑛士

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592762393
ISBN 10 : 4592762398
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
32p;27

内容詳細

ペットのダビッコラと一緒に、宇宙のを大冒険!誰もが目を見張る細密画で話題の16歳の少年画家が、ついに絵本の世界にデビュー!

【著者紹介】
濱口瑛士 : 画家。2002年東京都世田谷区生まれ。東京大学先端科学技術研究センターと日本財団の共同プロジェクト「異才発掘プロジェクトROCKET」第1期スカラー候補生。3歳頃から絵を描き始める。物語を作ることも得意。2015年初の作品集「黒板に描けなかった夢―12歳、学校からはみ出した少年画家の内なる世界」(ブックマン社)を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カナコ さん

    16歳の少年が書いた絵本。息子に「高校生ぐらいのお兄ちゃんが書いた本だよ!」と薦めると、興味持って読んでいました。ただ、ファンタジーだけど、小1の息子にはちょっと難しかった模様。緻密で温かい色彩の絵本でした。

  • らんどるる さん

    図書館本。絵がかわいかったので。パッと見、海外の絵本かと思った。かなり細かく描き込まれているので、じっくり絵を味わいたい。著者紹介より、異才発掘プロジェクトROCKETの第T期候補生、IQ133とのこと。16歳の時MOE付録に掲載された作品。(12分半)

  • わーいわーい さん

    素晴らしい絵がたくさん。オリジナルのキャラと建物と世界観がすごい。

  • うー さん

    パンにそっくりのファルっ子かわいい!

  • れいくす さん

    画面がぎゅっと描き込まれている。同じように世界もぎゅっと設定が詰まってるんだろうなあ…と思える。緻密な妄想の世界。だから、眺めるとか、そういう気分で開くとちょっと疲れてしまうかもしれない。画面のいろんな所を探して楽しむには、じっくり時間のとれるときかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

濱口瑛士

画家。2002年東京都世田谷区生まれ。東京大学先端科学技術研究センターと日本財団の共同プロジェクト「異才発掘プロジェクトROCKET」第1期スカラー候補生。3歳頃から絵を描き始める。物語を作ることも得意。2015年初の作品集「黒板に描けなかった夢―12歳、学校からはみ出した少年画家の内なる世界」(ブ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品