澁澤龍彦書評集成 河出文庫

澁澤龍彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309409320
ISBN 10 : 4309409326
フォーマット
出版社
発行年月
2008年10月
日本
追加情報
:
480p;15

内容詳細

書評には流儀がある。澁澤流の書評は、時に厳しく時に偏愛的に書物の間を逍遥しながら、簡潔にその要諦を示し、一瞬の独自な世界をつくりあげていく。一九五八年から最晩年の一九八七年にかけて発表されたおびただした数の書評を集大成した本書は、澁澤龍彦による時評とも、澁澤自身の軌跡とも読める。待望の文庫オリジナル・アンソロジー。

目次 : 日本文学(吉行淳之介『男と女の子』/ 大江健三郎『日常生活の冒険』 ほか)/ 日本の芸術・文化その他(東野芳明『パスポートNo.328309』/ 『天使論』笠井叡著 ほか)/ 外国文学(『ラディゲ全集』/ 『アレキサンドリア四重奏』頌 ほか)/ 外国の芸術・文化その他(瀧口修造編『エルンスト』/ 『美学入門』ジャン・パウル著(古見日嘉訳) ほか)/ 快楽図書館・文庫本(フランク・ハリス『わが生と愛』/ 山名正太郎『ひげ』 ほか)/ 推薦文・序文(『眺望論』のために/ 『栗田勇著作集』 ほか)

【著者紹介】
澁澤龍彦 : 1928‐87年。東京生まれ。本名龍雄。東大仏文科卒業後、マルキ・ド・サドの著作を日本に紹介するかたわら、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを発表。晩年は小説に独自の世界を拓いて、広く読まれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とも さん

    澁澤の前に澁澤なし、澁澤の後に澁澤なし。現代の凡百の毒舌書評とは一線を画した手厳しい書評に頭を垂れる。該博な知識と独自の世界観に裏打ちされているからこそ出来る技。澁澤ブラボー!!

  • yogi さん

    携帯を横に置きながら読み続けた読むだけでは賢くなる訳でもなし携帯で調べた色々も覚えてる自信もまったくないが読了後はなんとなく心も頭も少し自分の知らない上の世界を階段であがりきった気になって肩で息をするかのように少し読み方が気になる雁をかりと入れてしまった。確かにそこが気になっていた。が大股開きに釣られてしまった私はウロウロ開き閉じ開き閉じで自分の愚行に気がつき乱行までで開くのをやめた。が待て決して愚行ではないと思い直したが時間貧乏な私は激しく攻めることが苦手なので静かに手を置きじっととめた。

  • コウみん さん

    澁澤龍彦が書いた書評エッセイ。 日本文学と外国文学に分かれてある。 後ろにはエロ文学評論も書いてあり、澁澤龍彦らしいと思った。 特に『ロリータ』は澁澤龍彦の観点が知りたかった。 元々、こんなエッセイを一杯書いていた人だが、これは澁澤龍彦らしい本だと思う。

  • ハルト さん

    まさに豪華絢爛。この本に名のあがっている書物すべてを読破し、手もとに置きたい衝動に駆られる。本質を捉えそれを的確にあらわす見事さには、ただもう脱帽。とてもおもしろく読めた。書評中、足穂の名をことのほか多く散見できたのがうれしかった。

  • 水蓮 さん

    やっと読めました。澁澤の書籍はかなり体力使うので、気合のないときには読めない。しかしどれも読んでみたいものばかり。やはり澁澤は澁澤でしかありえないんだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

澁澤龍彦

1928年、東京生まれ。本名は龍雄。東京大学仏文科卒。仏文学者、エッセイスト、小説家。マルキ・ド・サドやジャン・コクトーの翻訳紹介を手始めに、洒脱で博覧強記なエッセイの数々で、西欧文化の闇なる領域を日本の読者に紹介。晩年は和漢洋の古典などに材を取り、幻妖怪美な夢想に彩られた小説作品を数多く手がけた。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品