ゴミ清掃員の日常

滝沢友紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065156728
ISBN 10 : 4065156726
フォーマット
出版社
発売日
2019年05月30日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;21

内容詳細

『ゴミ清掃員の日常』と題し、ゴミ清掃にまつわるさまざまな話題を独自の視点で描いたマンガをTwitterにアップし、バズりにバズる。
マンガ『ゴミ清掃員の日常』は滝沢がネームを、滝沢の妻が作画を担当する。マンガはどちらも素人による夫婦共作。掲載は「コミックDAYS」「マガポケ」「Palcy」といった漫画アプリ3つに加え「現代ビジネス」の講談社の4媒体で同時連載という異例のかたちになっている。

【著者紹介】
滝沢秀一 : 1976年生まれ。’98年にお笑いコンビ・マシンガンズを結成。本業はゴミ清掃員で、芸人は副業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ででんでん さん

    さらっと楽しく読了。全力疾走で清掃車が入れない狭い道の集積所のゴミを「引っ張り」に行く、汗だくのお父さん。抗がん剤治療をせず、亡くなる3日前までゴミ清掃員として働いた内山さん。「一日でも長く生きたいっす。一日でも多く働きたいっす。ゴミ回収して生活費稼いで、いっぱい子供達と遊びたいっす」と言っていたと。そして、「部屋イコール自分」を映し出すということ。著者の奥さんが人生初挑戦だという漫画が見やすい😊

  • nyaoko@第三次成長期により増量中 さん

    ゴミの話で泣けるとは思わなかった…予想外のとこからいい話を読んでしまった。色んな仕事をしている人がいて、色んな人の普通の暮らしがあるんだよなぁ。芸人さんの本で「大家さんと僕」とこの本はとてもいい本だと思う。

  • ベーグルグル さん

    芸人【マシンガンズ】だが食べていけず、清掃員としてWワークをされている。ゴミ清掃員ってただゴミを集めるだけだと思っていたら、かなり奥深い話でした。ゴミを見るだけで人となりも分かるし、その地域の状況も分かる。一つ一つがフムフムと頷きつつ、著者の同僚の話(若く癌に侵され最期まで働き続けた)にはホロっとしました。ゴミについても学べるし、清掃員の大変さも分かり、今まで以上にゴミを捨てる際には分別に配慮しようと思えました。いろんな方に手に取ってほしい1冊です。

  • てつ さん

    テレビで紹介されていたので、購入して読了。分別マニュアルとしては物足りないけど、きちんと自治体のいうように分別しなきゃいけないと、真面目に思った。

  • TakaUP48 さん

    正月と土日以外は、雨でも風でも雪の日でも真面目に集めに来てくれるゴミ収集車。信号の間合いを計ったように移動して収集するのは、まさに神業。ペットボトルは、PET・PS・PP素材に分かれているんだ。家はちゃんと分けてるよ!癌になり抗ガン剤治療をせず、死ぬ前日まで働いている姿を子供に見せたいという同僚の言葉には感動。嫌なもの汚いものは他人任せという、甘えた人間・無責任な奴が多いよね!ゴミを集めてくれる人に感謝して、キチンと集め易いような分類と出し方をしたいと改めて思った!いつも、ご苦労様です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品