日本幻獣図説

湯本豪一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309224312
ISBN 10 : 4309224318
フォーマット
出版社
発行年月
2005年07月
日本
追加情報
:
22cm,164p

内容詳細

河童や人魚、龍のように目撃されたり、話には聞いているものの実在が確認できない不可思議な生き物、それが幻獣。雷獣、予言獣など知られざる幻獣を含むその実態を図像、ミイラ、報道された記事により明らかにする。

【著者紹介】
湯本豪一 : 1950年生まれ。川崎市市民ミュージアム美術館担当室長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅独歩 さん

    現代風に言うなら「UMA」と呼ばれる存在を、「妖怪」とは別に「幻獣」とカテゴライズしてはどうかと提唱する一冊。2004年夏に開催された『日本の幻獣展―未確認生物出現録』をうけての出版であるせいか、カラー図版は少なめモノクロ図版は小さめ。「河童」「鬼」「天狗」「人魚」「龍」「雷獣」というメジャーどころから、予言獣や明治の絵入り新聞で紹介されたマイナーどころまで。とくに詳しく触れられているのが「アマビコ」で、「アマビエ」は誤字という指摘が面白い。見世物の考察がもうすこし詳しければ、なお良かった。

  • 甘 さん

    個人的に関わりのある地名が出てきてドキッとしたり、小さい頃友達の家に河童のミイラがあったのを思い出したり。アマビコの絵の変遷が面白かった。

  • 辺野錠 さん

    色んな幻獣大集合で面白い。河童とか天狗とかメジャーな奴からマイナーな予言獣まで幅広く取り上げられてます。印旛沼の怪物のインパクトはでかい。

  • 志村真幸 さん

     著者は川崎市市民ミュージアムの学芸員として、多数の妖怪の展覧会を企画したことで有名な人物。  本書は、多くの図を用いながらいろいろな妖怪を紹介したもので、さらに妖怪のイメージがどのように発生し、伝わっていくかといったことについての考察も開陳されている。  扱われているのは、河童、鬼、天狗、人魚、龍、雷獣など。さらに予言をする妖怪として、件、アマビコ、アリエが分析される。  新聞記事などもとりあげられ、非常に刺激的な本である。  ただ、分析にはやや疑問が残る。ちょっと強引すぎるのでは。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

湯本豪一

1950年生まれ。妖怪研究・蒐集家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト