新商品あり

湊かなえ レビュー一覧

湊かなえ | レビュー一覧 | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!湊かなえに関する最新情報・アイテムが満載。CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズは、コンビニ受け取り送料無料!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!湊かなえならHMV&BOOKS online!!

商品ユーザーレビュー

15件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 第6回本屋大賞を受賞した衝撃作です。みなt度肝を抜...

    投稿日:2021/04/12

    第6回本屋大賞を受賞した衝撃作です。みなt度肝を抜かれるくらいの衝撃度でした。映画は見ておりませんが、小説だけでもうお腹いっぱいです。湊かなえさん恐るべしです!!!

    kotobuki さん

    0
  • ここんところらしくない作品が続いていたので、私はこ...

    投稿日:2021/04/12

    ここんところらしくない作品が続いていたので、私はこういう湊かなえ作品が好き。それにしても「ネコ将軍」のネーミングセンス抜群!

    マスター さん |50代

    0
  • あの子は死んだ。大量のドーナツに囲まれて。 最後に...

    投稿日:2021/04/12

    あの子は死んだ。大量のドーナツに囲まれて。 最後に自殺の理由がわかって何とも言えない気持ちになった。プロローグも決して否定できるものではないが、エピローグで主人公の成長が感じられた。

    マスター さん |50代

    0
  • 高級住宅地の近隣住民のそれぞれの家族の葛藤をドロド...

    投稿日:2021/04/11

    高級住宅地の近隣住民のそれぞれの家族の葛藤をドロドロに描いた作品です。 こうして家庭が崩壊していくのかと疑似体験させていただきました。 作者は登場人物の性格をよく使い分けて描かれてはいますが主人公である遠藤彩花と高橋家長男の彼女の性格は何とかならなかったのでしょうか? 身近にいたら絶対友人にはなりたくないと思いました。

    aozo さん |40代

    0
  • 小さな話が連なって、やがて大きな塊になっていく描写...

    投稿日:2021/04/09

    小さな話が連なって、やがて大きな塊になっていく描写は本当に何度読んでも感動させられます。冒頭に出て来る女の子、絵美さんが若かりし日の自分の気持ちをそっくりそのまま投影しているようで、ハッとさせられました。一気に読みたくなる1冊です。

    stelle さん |30代

    0
  • 子供を殺された生徒に復讐する教師。衝撃的な内容であ...

    投稿日:2021/03/10

    子供を殺された生徒に復讐する教師。衝撃的な内容である。著者は生徒ばかり牙を向くわけではない。文章から全方向に牙が向いている。良心、常識、道徳、そういったものに復讐しているかのようなそんな印象を受ける。その復讐は爽快ささえ感じる。

    ひとひらひ さん |30代

    0
  • 淡々と描かれているように見えて、どんでん返し。 よ...

    投稿日:2018/12/12

    淡々と描かれているように見えて、どんでん返し。 ようやく希望が見えたかのような状況でさらにどんでん返し! 大きなテーマを扱っているわけではないけれど 登場人物の心の動きの描き方が見事で、 心の中にある罪悪感や自責感ゆえに過剰反応していくさまも非常にリアリティがある。 ちりばめられた伏線を確認したくて、読了後すぐに再読。 ここにもあったのか…という発見にわくわくした。 最初の1文と最後の1文の呼応もシンプル。湊かなえさんらしい読み応えのある作品。

    yupi さん |50代

    0
  • 「善意は悪意より恐ろしい」という帯のインパクトが強...

    投稿日:2018/12/12

    「善意は悪意より恐ろしい」という帯のインパクトが強すぎた。 田舎町に暮らす3人の女性(地元で生まれ育った女性、夫の転勤によって暮らし始めた女性、ユートピアのような場所だと移住してきた芸術家の女性)とふたりの子供たちを軸に話が進んでいくのだけれど、はじめの方はむしろ安穏としているようにみえて読み進むのに少し時間がかかった。彼女たちの間に少しずつ温度差や亀裂が生じ始めてからは、いかにも湊かなえさんらしい、女性の負の感情がじわじわと描かれていく。 おそらく、わたしにはこれは善意とは思えなくて、もちろん悪意でもないのだけれど、小さな意地悪心や嫉妬心がちくちくと気持ち悪くて、帯にかかれているような感覚を抱けなかったのだと思う。 いわゆる「女性どうしの面倒な人間関係」でじわじわと窒息させられそうな感覚なのだけれど、自分自身は女性どうしの嫉妬や意地悪とほぼ無縁で生きてこられているので、小説の中(特に湊かなえさんの小説の中の女性たち)の心情がデフォルメされて描かれているのか、あるいは自分自身が人的環境にはるかに恵まれているのか(あるいは非常に鈍感なのか?)、とにかく読み終わって全く爽快でないところが湊かなえさんだよね、と思いつつも、人間こんなに悪いことばかりじゃないのにね、と今の自分の環境に感謝すらしてしまう、そんな感覚。あるある的に描かれているけれど、現実はそんなに悪いものではないのでは?と。小説としては怖いもの見たさで面白かったのですが。

    yupi さん |50代

    0
  • タイトルが気になり購入。明日からまたがんばっていこ...

    投稿日:2018/05/20

    タイトルが気になり購入。明日からまたがんばっていこう、という気持ちにさせてくれる本でした。

    しおようかん さん |30代

    0
  • ドラマが素晴らしくて、続きが早く知りたくて、ずっと...

    投稿日:2014/12/24

    ドラマが素晴らしくて、続きが早く知りたくて、ずっと読みたかったけれど、最終回まで我慢。ドラマを最後まで見た上で、それでも読んでみたいと思ったので即購入。まだはじめのほうですが、するすると読めています。年末の休みに時間ができたら、一気に読みたいと思います。

    kashi さん |30代

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%