漢帝国 400年の興亡 中公新書

渡邉義浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121025425
ISBN 10 : 4121025423
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
276p;18

内容詳細

漢字、漢民族という表現が示すように、漢は中国を象徴する「古典」である。秦を滅亡させ、項羽を破った劉邦が紀元前202年に中国を統一(前漢)。武帝の時代に最盛期を迎える。王莽による簒奪を経て、紀元後25年に光武帝が再統一(後漢)。220年に魏に滅ぼされるまで計400年余り続いた。中国史上最長の統一帝国にして、中国を規定し続けた「儒教国家」はいかに形成されたのか。その興亡の歴史をたどる。

目次 : 第1章 項羽と劉邦―時に利あらず/ 第2章 漢家の拡大と黄老思想―「無為」の有用性/ 第3章 漢帝国の確立―武帝の時代/ 第4章 漢家から天下へ―「儒教国家」への始動/ 第5章 「古典中国」への胎動―王莽の理想主義/ 第6章 「儒教国家」の成立―「古典中国」の形成/ 第7章 後漢「儒教国家」の限界―外戚・宦官・党人/ 第8章 黄天 当に立つべし―三国志の始まり/ 終章 漢帝国と「古典中国」

【著者紹介】
渡邉義浩監修 : 1962(昭和37)年、東京都生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。文学博士。大東文化大学文学部教授を経て、早稲田大学理事・文学学術院教授。大隈記念早稲田佐賀学園理事長。専門は「古典中国」。三国志学会事務局長。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • JOJO さん

    中国史上最長の帝国・漢(新による中断があるが)。400年続いた漢の流れがわかる。儒教の国教化は高校世界史レベルだと「武帝の時代に董仲舒の献策により国教化した」と言われるが実際には後漢時代に国教化したようである。漢時代の人物だと高祖・劉邦に強く憧れを抱くが最も好きなのは光武帝・劉秀。曹操が官渡の戦いにおいて袁紹と手紙のやり取りをしていた部下たちを処分しなかったのは、実は劉秀を倣ってのことのようだ(劉秀にも同様のエピソードがある)。三国志の人物たちは劉秀に憧れを頂いているのが多い。劉秀についてもっと学びたい。

  • HANA さん

    「漢帝国」と題しているものの、内容の中心は漢と儒教の関係について。そのため漢の歴史について知っている事といえば、項羽と劉邦や王莽の乱と光武帝による再建、三国志程度の自分には実に手強かった。逆に言えばほとんど初めて教えられる事ばかり。特に儒教が宗教化する過程や王莽の思想的背景、三国志の少し前とかは極めて興味深い。権力と関わる中で教えを変節させるのは、どの思想にも共通する事だなあ。それにしても天人相関説っていったら梵我一如とか近代の神秘主義と共通するように思えて、人間の考える事って似たり寄ったりだと思った。

  • Tomoichi さん

    漢帝国を儒教との関わりとその後の中国にとっての「古典中国」となり得た理由を考察する。通説なんてあてにならず董仲舒の果たした役割ものちのでっち上げで、近年の発掘資料で歴史はひっくり返る。しかし儒教と言われているものも孔子とは全く関係のないものなのかもしれない。

  • さとうしん さん

    思想史方面からと言うか、著者が取り組んできた「儒教国家」「古典中国」論からの漢帝国史。漢帝国の通史としても読めるようになっているが、著者の研究の総まとめという性質の方が強い。『漢書』は『春秋』ではなく『尚書』を継承したものであるという議論や、魏晋以後の漢の古典化の話を面白く読んだ。前漢前期の天下観についてはもう少し掘り下げができたかもしれない。

  • terve さん

    ある程度知識のある人向けではないでしょうか。もともと三国志が好きで、司馬遼太郎先生の『項羽と劉邦』も読んだことがあり、漢という国には興味を持っていました。儒教ありきの国ではなく、正当化のために儒教を利用した国だったんですね。その時の努力が、時代を超えて中国の古典となることを誰が予想できたでしょうか。ある意味一つの転換期だったということでしょうか。面白い本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品