ポジショナルフットボール 実践論 すべては「相手を困らせる立ち位置」を取ることから始まる

渡邉晋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862555724
ISBN 10 : 4862555721
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
255p;19

内容詳細

「1人で2人を困らせて、数的優位を作り出せ」。ベガルタ仙台に独自の言語で「クレバーフットボール」を落とし込んだ知将の戦術指導ノウハウを初公開。論理的プレーを生み出すトレーニングメニュー集を特別収録。

目次 : ポジショナルプレー前夜/ 渡邉式ポジショナルプレー(指導法/ 言葉の魔法)/ ポジショナルプレー交戦(対戦の駆け引き/ 理想と現実の狭間で)/ ポジショナルプレー番外編―チームマネジメント論/ 対談・フットボールのスペース×ダンスのスペース「スペースと機能美」―サッカー指導者・渡邉晋×ダンスプロデューサー・夏まゆみ

【著者紹介】
渡邉晋 : 1973年10月10日生まれ、東京都出身。現役時代は主にCBとして桐蔭学園高校、駒澤大学を経てコンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台でプレー。引退後の2005年から仙台の巡回コーチ、アカデミーコーチ、2008年からトップチームのコーチとして手倉森誠監督を支えた。2014年から2019年まで6年間監督を務め、2018年の天皇杯でクラブを初めて決勝に導いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yas miki さん

    ポジショナルプレーとは何ぞや?を解説した本ではなく、ポジショナルプレーと呼ばれたベガルタ仙台で監督を務めた著者が、システムありきではなく、何を考えてそのサッカースタイルにたどり着いたのか?を詳細に紹介しています。たどり着いたシステムの弱点と対戦相手が施した対策、なぜ上手く行かなくなったのか?を説明しているのは先進的に感じました。もちろん細かい戦術面を楽しむ本ですが、一方で監督のチームマネジメントを学ぶ本でもあります。ここ数年のJリーグで起きていることを分かりやすく整理できます。

  • MA21 さん

    ナベさん戻ってきて

  • Yukiosson さん

    フットボールのお勉強 何年か前から仙台がポジショナルプレーやってること知っていて、その監督の取り組みと裏話や苦労が書いてある 理想と現実、対処と悪循環。結果がすべてという世界で地方の中堅クラブがゆえのもがきもあって いいも悪いも楽しめた。 たしかに実際みたらキレイで整ってた。 監督変わって今年も苦しんでるのが見てて痛い

  • 566 さん

    ベガルタ仙台サポーターからしてみれば垂涎ものでした。またいつかチームに関わってください。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

渡邉晋

1973年10月10日生まれ、東京都出身。現役時代は主にCBとして桐蔭学園高校、駒澤大学を経てコンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台でプレー。引退後の2005年から仙台の巡回コーチ、アカデミーコーチ、2008年からトップチームのコーチとして手倉森誠監督を支えた。2014年から2019年ま

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品