殺戮の罠 オッドアイ 中公文庫

渡辺裕之 (作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122068278
ISBN 10 : 4122068274
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
400p;16

内容詳細

自衛隊出身という異色の経歴を持つ警察官・朝倉は、謎の死を遂げた男たちの写真を見せられ絶句する。それは自衛隊特戦群時代の仲間たちであった。朝倉指揮のもと結成された警視庁・警務隊合同チーム“特別強行捜査班”が事件解明に乗り出すことに。一日を終え帰宅した朝倉は、自室に侵入された形跡を見つけ―俺も標的か。白熱の警察小説、第5弾!

【著者紹介】
渡辺裕之 (作家) : 1957年名古屋市生まれ。中央大学経済学部卒業。アパレルメーカー、広告制作会社を経て、2007年『傭兵代理店』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • future4227 さん

    オッドアイシリーズ5作目。今回は定番の美女の登場はなし。K島で知り合ったお嬢さんとのロマンスの行方も楽しみだったのに、それも全く進展なし。警視庁と自衛隊の両方に籍を置きつつ、昔の仲間たちの連続事故死の真相を追っていくガチなハードボイルド。主人公の朝倉が不死身すぎて…いやちょっとあり得ないでしょ。いつもフィクションの中に知られざる国際問題を挿入してくる渡辺氏だが、南スーダンへの自衛隊派遣は普通に戦闘地域への派遣だったことを示唆する問題提起なのかもしれない。

  • おしょも さん

    既読

  • こいきんぐ さん

    次のステップに突入。安定した面白さ。今後の展開に期待。

  • あにか さん

    警務課コンビと正式にチームになったし、これからの活躍が楽しみ!

  • トールマン さん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

渡辺裕之 (作家)

1957年名古屋市生まれ。中央大学経済学部卒業。アパレルメーカー、広告制作会社を経て、2007年『傭兵代理店』(祥伝社文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品