CD

メモリーズ

渡辺真知子

基本情報

カタログNo
:
SRCL2062
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Memories
  • 02. 海辺の昼下り
  • 03. Water Taxi
  • 04. Marionette
  • 05. 季節の翳りに
  • 06. ときめきの時
  • 07. あわせ鏡
  • 08. Lonely Railway
  • 09. Play Map
  • 10. 明日へ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全体的な楽曲の出来は良く、アルバムの水準...

投稿日:2015/08/27 (木)

全体的な楽曲の出来は良く、アルバムの水準も前作と比較して、低いとは思えない。ただし、シングルヒットが無かったことが、セールスに結びつかなかった。最初のレビューに、「後期の作品」との記述があるが、実質的には「初期のアルバム」になる。全く異なった認識の理由ははっきりしている。デビューの時から、渡辺真知子を聴いていたリスナー、先行シングルがヒットした時だけ、LPを買う人がほとんどだったのではないか。次作の「LIBRA」は、「唇よ熱く君を語れ」がヒットしたせいで、チャートの9位と健闘したが、これ以降シングルがヒットすることなく、アルバムの出来と反比例して、セールス的には低迷していき、正当な評価をされることは無かった。「迷い道」でデビューしてから、約3年間が彼女の全盛期であり、殆どのファンは、以降の作品を聴いてはいないだろう。9thの「メリーさんは知らない 」(1983年)・10 thの「B♭m 愛することだけすればよかった 」(1984年)・11 thの「ソアSoi 」(1987年)の3作が彼女のベストである。これらの作品をCDで聴くには、「Sony Music Shop」から販売されている、「Machiko Premium 1983-2011 」を買うしかない。ただし、何曲かはネットで聴ける。「愛することだけすればよかった」を聴いた人、「これがあの渡辺真知子かよ!」とびっくりするだろう。当時最先端のフュージョンサウンドをバックに、彼女が歌う。デビューの時から、文句の付けようがない歌唱力だったが、声に深みが出て、一段と表現力が豊かになり、格段と上手くなったヴォーカルと、洋楽よりの楽曲を耳にすれば、改めて、シンガーソングライターとしての優れた才能を評価せざるを得ない。

こうちゃん さん | 大分県 | 不明

1
★
★
★
★
★
シングルヒットには恵まれなくなってきた(...

投稿日:2013/09/08 (日)

シングルヒットには恵まれなくなってきた(でも,「季節の翳りに」はいい詩だと思いますが)後期の作品ですが,このアルバムは名曲揃いですよ。どの曲を聴いても,彼女の作曲の才能があふれていて,最後まで飽きさせません。最後の2曲は,また彼女のボーカリストとしても実力発揮という素晴らしい曲だと思います。ぜひ,聴いてみてください。

オーラは恋人 さん | 長崎県 | 不明

0

おすすめの商品