ふうせんクジラ 創作絵本シリーズ

渡辺有一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784333014392
ISBN 10 : 4333014395
フォーマット
出版社
発行年月
1989年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,31p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    クジラがふうせんを食べて空に浮かんでしまうという、浮遊間がたまらない絵本。表紙はそのふうせんクジラの捕獲シーンなのだが、人間のはからいも暖かみがあって良い。

  • ラグエル さん

    クジラの表情がいちいちかわいい。素朴な絵なのに描き込みが細かい。なにぬー。続編があるのかっ。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    クジラが空を飛んだらなんだかとっても楽しそうです。 風船をいっぱい食べたクジラというのもとても愉快です。 クジラのボンの大旅行、空から見た風景も夢いっぱいでした。 親切な人たちに助けられて良かったですね。 楽しい絵本でした。

  • いろ さん

    「もみのき山のお正月」見返し絵本紹介で6歳男児の希望により借りる。イベントで飛ばされた風船をパクパクたくさん飲み込み空に浮かんでしまう子鯨のお話。ほのぼのファンタジー。ほぼ目だけで豊かな表情を表現し切っている鯨がスゴイ☆ 子鯨が空に飛んで行ってしまい,母鯨はさぞ心配しただろうな。空の旅中,俯瞰で移り変わる景色がいい。縦開きに変わるサッカー場場面のコマ送りも。地面に叩きつけられて痛くなかったかな。トレーラーで運ばれニコニコ顔が可愛い。息子は街から海までの移動見開きが好き。読む度,鯨の道を指で辿る。

  • ごんたろう さん

    街ではお祭り。クジラのボンが風船を食べると、ぷかぷかと浮いてしまう。ふうせんクジラは、農場や街並み、道路やビルを見下ろしながらゆっくり移動する。サッカー場でゆっくり降りると、人々が集まる。クレーンやトレーラー等で大行進。警察が誘導し、ボンは海へと帰っていく。巨大なクジラと小さな人間、重さと軽さ、高さと低さ等、様々なスケールの違いが描かれる。一人ひとりの表情や振舞いは個性的であり、それを全体で見渡せば社会や国家が見えてくる。クジラ輸送作戦を通して人々の気持ちは一つとなり、みなで大きな感動を得ることができる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

渡辺有一

旧満州生まれ。『ねこざかな』(フレーベル館)で1983年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。『はしれ、きたかぜ号』(童心社)で第8回絵本にっぽん賞受賞。『すやすやタヌキがねていたら』(文・内田麟太郎/文研出版)で第15回日本絵本賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品