まなざしが出会う場所へ 越境する写真家として生きる

渋谷敦志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787719010
ISBN 10 : 4787719017
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
335p;19

内容詳細

国境なき医師団との関わりから写真家として歩みはじめた著者は、世界各地の紛争や飢餓や児童労働、災害の現場を取材し、人びとが人権を奪われ、生きづらさを強いられる現代社会の「問題」を発見する。それは同時に、一人ひとり固有の名前とまなざしをもつ「人間」に出会う経験でもあった。困難を生きる人びととわかりあえないことに苦悩しつつ、「共にいられる世界」を切実に求めて旅する著者の声は、分断の時代に私たちはどう生きるのかという道を指し示す。

目次 : 序章 国境を越えること、写真を撮ること/ 第1章 シャッター以前、旅のはじまり/ 第2章 アフリカ、国境なき医師団と共に/ 第3章 子どもたち一人ひとりのカンボジア/ 第4章 タイ・ミャンマー国境線上で考える/ 第5章 ボーダーランドをめぐる旅のノート/ 第6章 共にいられる世界を見つめて―福島にて

【著者紹介】
渋谷敦志 : 1975年、大阪府生まれ。写真家、フォトジャーナリスト。立命館大学産業社会学部、英国London College of Printing卒。大学を休学して1年間サンパウロの法律事務所で研修し、ブラジルを旅する。卒業後、ホームレス問題を取材したルポで、国境なき医師団日本主催の1999年MSFフォトジャーナリスト賞を受賞。それをきっかけにアフリカ、アジアへの取材を始める。日本写真家協会展金賞、視点賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃちゃ さん

    ファインダー越しに「まなざし」が交わる。お前は何者なのだと鋭く迫ってくる眼。ぼくは何をしにここへ来たのだと深く自問する著者。世界各地の紛争が続く危険地帯で、飢餓や圧政に苦しむ国で、想像を絶する災害に見舞われた地域で。報道写真家としての真摯な姿勢が、圧倒的な迫力で迫ってくる。他者との間に存在する容易に埋められない深い溝。見えない境界線を越えることを諦め、「まなざし」から眼をそらし続けていいのか。分断の進む困難な社会において、「共に生きる道」を模索し他者と出会うことの意味を深く示唆する優れたルポルタージュだ。

  • どんぐり さん

    エチオピア、アンゴラ、スーダン、タイ、ミャンマーなどの紛争地や難民キャンプで写真を撮ってきたフォトジャーナリストの紀行文。ファインダー越しに相手のまなざしと向き合いながら、「わたし」と「あなた」、「見る」と「見られる」関係性に、人と人をわける線(ライン)ではなく、人と人が出会う開かれた場所(ランド)と捉え直し、写真を撮る行為を創造する。これは、カメラという媒体があって成立する世界、写真家としての思索の軌跡。いちばん面白いのは、第2章の「アフリカ、国境なき医師団と共に」で、人の苦しむところばから見ていると精

  • けんとまん1007 さん

    眼差しに耐えられるか。この一言に尽きるのではないか。喜怒哀楽だけない、刺すような、痛みを感じる眼差し。透き通った眼差し。生半可な姿勢では、耐えられないと思う。写真家としての立ち位置を問われる。本文にある、自分の目で見て、自分の中から絞り出す言葉で・・・。こうあるように、努力したいと切に思う。それは、こんな時代だからこそ、一層、そう思う。

  • マリリン さん

    写真家になった経緯が興味深い。綴る言葉と写真に心を鷲掴みにされ問われたような衝撃があったが、躊躇いや色々な思いがある中で、潔い覚悟から得られた表情の奥の著者の視線は、限りなく温かい。ブラジルのサンバは、確かに哀しみも秘めている。アフリカで「国境なき医師団」と同行した時の思いは、きれい事だけではなく赤裸々に語られている。同じカメラマンの話も。やりたい事も行きたいとこもない。心の中に帰れる場所がない少女の話に胸が痛む。女子の割礼(性器切除)がハッピーという痛ましい現実。そして東日本大震災、多くの眼差しが在る。

  • とよぽん さん

    期せずしてすごい本を読んだ。読友さんのレビュー、そして表紙のまなざしに惹きつけられて。報道写真家、渋谷敦志さんの覚悟と行動力、そして何よりもカメラを向ける相手に対する謙虚さに感動した。民族の対立、紛争、内戦、難民キャンプ、飢餓、略奪され生活の場を追われる人々、地震と津波、原発事故、様々な困難の中に生きる人々を撮る。著者は、分断された世界のボーダー(境界)にゆるやかな場所(ランド)を開いて、カメラの向こうのまなざしと自分自身が出会うところに、「共にいられる世界」への共振・共鳴が得られる、と書いている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品