はたらく細胞 2 シリウスKC

清水茜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063765892
ISBN 10 : 406376589X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
116p;19

内容詳細

赤血球と白血球…彼らはどこで生まれ、どのようにして一人前の血球になるのか!? 赤血球と白血球の幼弱期のエピソードに迫る「赤芽球と骨髄球」をはじめ、食中毒、熱中症、がん細胞など、第2巻も体の中は大騒ぎ! 細胞たちはあなたの体の中で、今日もがんばっています!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 英知@マンガ専用 さん

    今回も面白かったですwガン細胞との闘いがジャンプ集漂ってましたねwガン細胞くんイケメンだったなぁw「がーん」には一瞬白血球さんと同じように固まってしまいましたがwセレウス菌のセリフは脳内で中尾さんの声がずっとしてました(笑)初めて聞く細胞や菌が多かったですね。血球の分化とか!ホントややこしいんだね!脱核笑ったw帽子そういうことだったのね^ ^好酸球さんのテレ顔可愛かったぁ〜あと好塩基球のポエムw嫌いじゃない!1巻に続き、食中毒に熱中症にとこの体の人ホント大丈夫なんでしょうかね;

  • YuriL さん

    本日Kindle版発売開始になっていたので早速入手。安定の面白さ。今回は後半に「ガン細胞」のエピソードが収録されており、読みながらちょっと色々なことを考えてしまった。勿論漫画であるし、分かりやすくするために細かい部分の解釈や表現はかなりドラマチックかつ単純化されているだろうとは思いつつ、実は私たちの中に存在する世界も、そして外側にある今のこの世界も、構造の本質はあながち大差ない世界なんだろうなぁと思ったり。それにしても「がーん」と好中球の「赤血球はいねがぁあああ?!」は思わずフイたw

  • イーダ さん

    1巻より話のまとまりが良くなった気がします。人体でおきてる事を世界の異変として描いてるのも面白いですね。ガン細胞は確かに進化の過程でどうしても出てきてしまうものなんですけど、身体全体の事を考えたら、やっぱり駆除しなきゃならない。つくづく人の身体はひとつの世界なんだなと認識させられました。

  • masa@レビューお休み中 さん

    2巻もすごい。勢い止まらずというか、深刻さを増しているというか…。これ、同じ細胞が出てくるということは、同じ人間の中で起こってることなんだよね?と多少のツッコミ心は出てきちゃう。でも、面白いからそこは考えないでおこう。今回と壮絶な血まみれ具合。食中毒に、熱中症に、最後はがん。細胞たちがちゃんとそれぞれの役割を全うして、本体となる人間を守る姿は甲斐甲斐しいとしか言いようがない。赤血球、白血球、キラーT細胞、NK細胞などなど。どの細胞も欠けてはならない大切な細胞たち。もっと感謝しなくちゃって思っちゃいますね。

  • ネムコ さん

    大受けして、さっそく第二弾を買ってきました。今回はNK細胞が姉御って感じでカッコ良かったです。そしてがん細胞は、きっと口がきけたらこう言ってただろうなと思いました。しかし、熱中症ってコワいんですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

清水茜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品