海駅図鑑 海の見える無人駅

清水浩史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309278124
ISBN 10 : 4309278124
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
追加情報
:
280p;21

内容詳細

「海駅」は終着駅であり、新たな旅の始発駅──海と駅。さらに目を凝らせば、もっと多くのものが見えてくる。駅の佇まい、歴史や土地の事。丹念な取材でお贈りする本邦初の「海駅」ガイド!

【著者紹介】
清水浩史 : 1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。在学中は早大水中クラブに所属。NAUIダイビングインストラクター免許取得。卒業後も国内外の海と島の旅をつづける。テレビ局勤務を経て、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、同大学院新領域創成科学研究科博士課程中退。現在、編集者・ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • プル さん

    癒されに海の見える某駅に行きたくて、載っているだろうと思って読み始め、風光明美な青い海だらけかと思いきや。期待はいい意味で大いに裏切られました。「無人駅」という単語を見逃した私が悪いのです。無人駅となる理由、その悲哀、最初の編で綴られております。本の構成として、最初に紹介される各駅での写真、そして本文は駅と駅周辺に関連する話で飽きません。連想される、関連する文学、海に流れる駅近くの川の話、近くの離島、そして地元料理の話とバラエティに富んだ内容。読んで良かった。

  • じょんじょん さん

    「海の見える無人駅」サブタイトルだけでもロマンと郷愁を誘いますね。『海駅図鑑』タイトルも素敵、全国から30の海の見える無人駅のセレクト。その尽力だけでも素晴らしいです。ホームから海が見え、眺めがすぐれていて、レトロな雰囲気で、かつ無人。ひっそりとした趣きがあり、周辺に物語のある駅。セレクトした条件を聞いて想いが拡がりますね。ここに降りたら次の列車までどれくらい時間があるのだろうか、とか冬の北海道の無人駅の写真から伝わってくる寒さとか。斜め読みだったから、再読したいと思います。

  • たまご さん

    ちょっと,4月から環境が変化してへばってるんですが,そんな私はこの写真に癒されまくり・・・.駅だけじゃなくて,そこからちょっとトリップしたり,鮭とか貝とか,海水浴とか足浴とかにこだわってみたり,社会派にもなってみたりと,いろいろな側面が楽しめる本でした.やー,島原鉄道の駅,行ってみたいー!

  • Koichiro Minematsu さん

    この本に触発され、海の見える駅探しの一人旅に行ってきました。時間を巻き戻すことができた体験でした。しずか、のどか。自動車の音がしばらく聞こえないなんて、そんなことに驚きです。海と駅は最高の組合わせです。また、読み終えて出掛けたくなりました。

  • hydrangea さん

    鉄道ファンではないですが、秘島図鑑が面白かったので、同じ著者の本作も読了。日本の海と駅の風景って、妙に哀愁が漂っていて、写真にもそんな雰囲気が漂っています。とは言え、遠くないうちに、ここに掲載されている駅も廃止されたりするんでしょうね。仕方ないとは言え、ちょっと寂しいものです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品