後列のひと 無名人の戦後史

清武英利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163914046
ISBN 10 : 4163914048
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
295p;20

内容詳細

最前列ではなく、後ろの列の目立たぬところで、人や組織を支える人々がいる。役所の講堂や会社の大会議室に集められたとき、たいてい後列に位置を占める人たちである。威張って壇上からモノを言う人間を、後ろの方から凝視している群衆でもある。彼らは、大きな何かを成し遂げたわけではなく、出世を遂げたというほどでもない。多くの見返りを求めないで、言葉少なに佇んでいる。人は誰しもこの世界に生存の爪痕を残したいと思うときがある。しかし、生き急ぐ必要はない。良く生きた人生の底には、その人だけの非凡な歴史が残るものだということを、十八編の人生は物語っている。

目次 : 第1章 君死に給う/ 第2章 新しき明日の来るを信ず/ 第3章 ススメ ススメ コクミン ススメ/ 第4章 おごりの春の片隅で/ 第5章 さよなら「日本株式会社」/ 第6章 身捨つるほどの祖国はありや

【著者紹介】
清武英利 : 1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞社入社。社会部で警視庁、国税庁を担当し、2001年より中部本社社会部長。東京本社編集委員などを経て、04年8月に読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され係争に。現在はノンフィクション作家。14年に『しんがり 山一證券最後の12人』で講談社ノンフィクション賞受賞、18年には『石つぶて 警視庁二課刑事の残したもの』で大宅壮一ノンフィクション賞読者賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • trazom さん

    本書は「最前列ではなく、後ろの列の目立たぬところで、人や組織を支える人々がいる」という文章で始まる。戦争に翻弄された人たち、企業を支える職工、ベトナムに関わった人たち、バブルの後始末に奔走した人たちなどのオムニバス。「私は壁掛け時計の釘のようなものですわ」「低く暮らし、高く思う」などの言葉にハッとする。こういう人たちへの感謝を忘れてはならないと思うが、もし、これらの物語を、沢木耕太郎さんや柳田邦夫さんや本田靖春さんのような、人の哀しさに寄り添える一流のルポライターが描いたら、もっと心に響いたに違いない。

  • 楽駿 さん

    品川図書館本。金融関係のノンフィクションに関して、清武氏の作品には、緻密に調査されていて、興味深く読み進めているが、今回は、今までの取材の中で出会った、主役でなく、重要な脇役ともいえる人達にスポットを当てている。金融だけでなく、戦時下のテストパイロットの死や、終戦をベトナムで迎えて、そのまま、現地に残り、後に、日本に戻ってきた人、等々。私の親の世代は、自分が戦地に赴かないまでも戦争経験者だが、私の下の世代には、誰がリアルな戦争を語るのか。誰が、バブルの前後を語るのか。文字にしなければ、未来に残せない。

  • 宇宙猫 さん

    ★★★ 時代を象徴する出来事の中にいた無名の人達の記録。そういう事があったのかと面白く思ったが、個々の話としては響かなかった。いかにも取材という感じで、読み物としては今一歩だったな。・ロケット開発:糸川博士が13年しか開発に関わってなかったとか、奔放な暮らしぶりに驚いた。・特攻した兵士の家族や関わった人達。・ベトナム残留兵:軍事教練を行って戦争の神様と呼ばれる。・伝説の相場師。・バブル後の整理回収機構で働いた人達。

  • 遊々亭おさる さん

    世の中は、神輿に乗る人と神輿を担ぐ人で成り立っている。神輿を担ぐ人が居なければ、どんなに崇高な理念も絵に描いた餅となる。本書は、戦争の記憶も生々しい時代から狂乱のバブル期を経て、金儲けの手段として東京五輪に大手企業が群がった現代まで、歴史に名を残すことはないが、子や孫や後輩に人として組織人として、真っ当に生ききったと胸を張れる人々の人生が綴られる。人生の成功とは富や名誉ではなく、自分の信念を貫き、死ぬことだと思わせてくれる一冊。平凡な人生などどこにもなく、誰の人生にも波乱万丈の冒険のドラマが隠されている。

  • tetsubun1000mg さん

    清武氏が巨人球団代表時代、ナベツネの横行人事に異を唱えて告発し解任された事は忘れていない。「不良債権回収部」「SONYリストラ部屋」「サラリーマン球団社長」など独自の視点で取材先を選んでいる。 この作品もー般の人は知らない、集合写真なら後列を選ぶ人物を探し出したり取材してこの本に残している 取り上げられた18人はとても心に残る人たちばかり。特に整理回収機構の部長から横浜の新設公立高校の校長になった石川裕二氏。東京五輪選手村の不動産鑑定に異議を申し立てる鑑定士。人生で本当に大切なものは何かを考えさせられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

清武英利

1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞社入社。社会部で警視庁、国税庁を担当し、2001年より中部本社社会部長。東京本社編集委員などを経て、04年8月に読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され係争に。現在はノ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品