清春自叙伝 清春

清春

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401647996
ISBN 10 : 4401647998
フォーマット
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
四六判 / 224ページ

内容詳細

待望の自叙伝、自身の誕生日に堂々登場!

「今が良い分岐点で人生を思い出すタイミング。それと僕はこれからアーティストとしてどう生きるべきなのか」
リアルな言葉で綴られる、清春の人生。
これまでとこれから。今伝えておきたいこと。
ブレない美学に貫かれた生き様が、ここにある。

黒夢、サッズ、そしてソロイスト清春。
1994年のデビュー以前から常に先駆者として時代を築き、シーンを牽引しながらもどこにも属さず、“清春”という唯一無二の存在であり続ける。
デビューから25年が経った今、その半生を振り返る初の自叙伝。

さらに親交の深い音楽ライター増田勇一氏によるインタビュー、実弟であり、マネージャーを務めていた森義隆氏による寄稿、貴重なプライベート写真などを掲載。
清春の人生を様々な角度から深く知ることができる1冊となっています。

【CONTENTS】
第一章 50
第二章 あの人にあう
第三章 聖なる反抗
第四章 僕の作品「黒夢」
第五章 ソロイスト
第六章 現在の未来
後書きにかえて 清春インタビュー 取材・文 増田勇一
外伝・清春 カリスマとしての兄 森 義隆

【著者紹介】
清春 : 1968年10月30日生まれ。岐阜県出身。1994年、黒夢のヴォーカリストとしてメジャーデビュー。そのカリスマ性とメッセージ色の強い楽曲で人気絶頂の最中、1999年に突然の無期限の活動休止を発表。同年sadsを結成。2000年、TBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の主題歌「忘却の空」が大ヒット。同曲を収録したアルバム『BABYLON』はオリコン1位を記録する。2003年、DVDシングル「オーロラ」でソロデビュー。2020年3月に10枚目のオリジナルアルバム『JAPANESE MENU/DISTORTION 10』をリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • テツ さん

    黒夢からSADS、ソロに至るまでの清春の歩み。中学生のときにチケットを余らせた友達のお姉ちゃんが黒夢のライブに連れて行ってくれてから今この瞬間まで清春は途切れることのない憧れなので、その本人の言葉で綴られたこの本に文句がある筈がない。これからも格好良いままでずっと在り続けてください。良いシーンも悪いシーンも記憶に刻まれているぼくの人生の全ての場面のBGMには彼の歌声が流れている。きっとこれから刻まれるたくさんの場面にも思い出す度にそのときに聴いていた清春の歌が流れてくるんだと思う。

  • ゆたさん・∪・ω・∪ さん

    「笑って帰って! 泣いて会いに来て!」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

清春に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品