ザ・ネクストバンカー 次世代の銀行員のかたち 講談社現代新書

浪川攻

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065168493
ISBN 10 : 406516849X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
浪川攻 ,  
追加情報
:
221p;18

内容詳細

これからの銀行員に必要な資質・能力とは?メガバンクと地銀各行が誇る、伝説の支店長12人がノウハウをすべて明かす!いま話題の「脱ノルマ」、その真意とは?組織運営と人材育成の具体的ヒントが満載!

目次 : 第1部 これまでの「銀行の常識」を疑え―伝説のバンカーが指南する支店長としての覚悟と矜持(“漠とした不安”に惑わされるな(みずほ銀行執行役員 奥山誠一)/ 「ノルマ撤廃」で顧客満足「最大化」を目指す(三井住友銀行常務執行役員 河原田岩夫)/ 部下を守るためには本部と戦うしかない(伊予銀行松山北グループ長 矢野一成)/ 銀行論理の発想は絶対に許さない(埼玉りそな銀行所沢支店長 清水正幸)/ 着任3ヵ月で支店の雰囲気を変える(みずほ銀行久が原支店長 飛田俊樹) ほか)/ 第2部 これからの「銀行員のかたち」―伝説のバンカーが伝授する組織運営と人材育成のヒント(“立派な銀行員”を育てようとは思わない(三井住友銀行上席推進役 竹巻三千子)/ 支店長は「のめり込まない」ほうがいい(静岡銀行常務執行役員 大橋弘)/ 銀行のルールは「絶対」ではない(三菱UFJ銀行執行役員 川井仁)/ すべて許すから隠し事を報告せよ(みちのく銀行常務執行役員 浅利健一)/ 本部から20年ぶりに現場復帰(三菱UFJ銀行新宿新都心兼西新宿支店長 正岡秀臣) ほか)

【著者紹介】
浪川攻 : 経済ジャーナリスト。1955年東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカー勤務を経て記者となる。金融専門誌、証券業界紙を経験し、1987年株式会社きんざいに入社。「週刊金融財政事情」編集部でデスクを務める。1996年退社し、ペンネームで金融分野を中心に取材・執筆。月刊誌「Voice」の編集・記者、1998年に東洋経済新報社と記者契約を結び、2016年フリーとなって現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yuichi Tomita さん

    メガバンク、地銀の(元)支店長12名へのインタビューを通じて、これからの銀行のあり方を問うもの。読んで感じたのは、どの支店長も印象的なブレイクスルーがあること、部下が嘘をついている、誤魔化しているときに叱るという点で、かなり共通しているなということ。 支店長がもっとも成長、進化しないといけないというのも納得。

  • Masayuki さん

    楽しい仕事をする、お客様に褒めてもらえるようになる。この二つが印象的だった。 金融機関勤務の人にとって参考になる一冊。

  • 万論 さん

    理想と現実。こんな事が出来る人はひと握り。常に行員は追い詰められている。まして自分がある人は。でも毎日コツコツとお客様の為にと頑張っている行員も何人もいるんだ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品