ディランを語ろう

浦沢直樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093592024
ISBN 10 : 4093592020
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,307p
21cm,307p

商品説明

浦沢直樹×ロッカー和久井光司、白熱の対談

浦沢直樹の創作活動の原点であるボブ・ディランを、徹底的に語り尽くす、浦沢直樹・初の音楽本!スピリッツ誌上で連載を続けてきました音楽記事『ディランを語ろう!』待望の単行本化です。

内容詳細

表現者が迫るボブ・ディランの「実体」。漫画界のスーパースター浦沢直樹が実力派ロッカー和久井光司と繰り広げた白熱のトーク・セッション20時間!!アメリカ音楽の巨人、ボブ・ディランを軸に、20世紀のポップ・カルチャーを俯瞰する。

目次 : Talk Session Part One きみの歌わかりにくいよボブ・ディラン/ Interview ザ・クロマニヨンズ/ Talk Session Part Two レコードを集めて早しディラン道/ Interview サンボマスター/ ボブ・ディランの大冒険/ Interview ジョン・ウェズリー・ハーディング/ Talk Session Part Three 腰痛に顔ゆがめてもカッコいい/ Interview 岡林信康/ Talk Session Part Four 雪解けはまだ遠いからと白くなり/ Interview PANTA/ Talk Session Part Five 異教徒は幽霊でしたとゲロゲーロ/ 資料編

【著者紹介】
浦沢直樹 : 1960年、1月2日東京生まれ。1982年小学館新人コミック大賞入選。1983年、デビュー。現在、ビッグコミックオリジナル誌上で『PLUTO』を連載中

和久井光司 : 1958年、10月2日東京生まれ。1981年にスクリーンを率いてレコード・デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たくのみ さん

    アーティストの音楽体験から、60年代のディランの影響力の大きさと変化への反発の凄さが体感できる(気がする)本。浦沢直樹の絵物語「BOB・DYLANの大冒険」を読めるだけでも収穫。みんな好きだったんだね。

  • i_hecky さん

    ちょっと期待して読んだが、内容は、分かっていないもの同士があてずっぽうで雑談している域を出ない。単に二人には無批判なファンのための本で、ボブ・ディランがネタってだけ。中に出てくる漫画でまとめた「ボブ・ディランの大冒険」はとてもよかった。こういうやり方で攻めたほうが良かったんじゃないか?

  • y_nagaura さん

    日本でのディランの聴かれ方が楽しめた。 浦沢氏のLike A Rolling Stoneのエピソードもよかった。

  • ちょむ さん

    対談やインタビューの内容は盛りだくさんだけど「みんなディランが好きなんだなあ」の領域を出ない。まあその気持ちを共有するというのが目的の書なのかもしれないけど・・・。ただ他の方のコメントにもあるけど、浦沢直樹の「ボブ・ディランの大冒険」はすばらしいです。

  • あっちゃんのパパ さん

    評価=3

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

浦沢直樹

東京都府中市出身。代表作に『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』など。大のロック・ファンとしても知られており、ミュージシャンとしても作品を発表している。

プロフィール詳細へ

浦沢直樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品