CD

Father`s Son

浜田省吾

基本情報

カタログNo
:
CSCL1175
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

2年ぶりの新作。情景と心情のカット・バックがねばり強くかつ的確に繰りかえされる描写はさすが。ワイルドなギター・サウンドでぐいぐいと気持ちと身体を引っぱっていく。冷徹な視線が熱情に支えられている。豪華48Pの歌詞写真集にも説得力がある。(学)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全体的にハードなギターサウンドが印象的な...

投稿日:2021/05/08 (土)

全体的にハードなギターサウンドが印象的な1枚。父親の死後に制作されたアルバムのためか、両親へのいろいろな思いが歌詞に綴られている。自分は両親が健在だが、将来、どちらかが亡くなった後にこのアルバムを聞くと、それまで感じていなかった思いがわき上がってくるのかもしれないなと思わせる作品。

たるRURU さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
MAINSTREET〜J.BOY〜FATHERS SONは出来るだ...

投稿日:2011/05/26 (木)

MAINSTREET〜J.BOY〜FATHERS SONは出来るだけ連なりで聴いてほしい! サウンド的には浜省のアルバム史上最もロックな仕上がりのような気がするんですが。アメリカ産まれのロックサウンド満載ですが、ラスト曲で懐かしい日本の風景が浮かんでくるんです。あんなに気持ちが落ち着くメロディーにはそうそう出会えないと思います。

テレキャス さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
久しぶりに聞いて、浜田省吾の良さを実感し...

投稿日:2009/05/31 (日)

久しぶりに聞いて、浜田省吾の良さを実感してます。 勢いはJ.BOYでピークを迎えていますが、クオリティではこちらだと思います。浜田省吾の本領は、これ以降のアルバムにおいてもファンの期待を裏切らないクオリティを保ち続けている点です。国内で彼と比肩できるアーティストは片手に余るのでは。

MIT さん | 福岡県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

浜田省吾

歳もあまりいかないうちに、ポップミュージック、ロック、ソウルミュージックに熱中する少年だったという浜田省吾。大学を退学するとすぐに結成したロックバンド“AIDO”でドラムスを担当。 “愛奴”としてCBSソニーよりデビューしたのちバンドを脱退して、1976年4月21日アルバム『生まれたところを遠く離れて』でソロ・デビュー。20年ぶりとなった2002年の武道館公演など、現在も世代を超えて支持され続け

プロフィール詳細へ

浜田省吾に関連するトピックス

おすすめの商品