STEINS GATE0 -シュタインズ・ゲートゼロ-盟誓のリナシメント 下 角川スニーカー文庫

浜崎達也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041068120
ISBN 10 : 4041068126
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
506p;15

内容詳細

鳳凰院凶真、遂に復活!? やがて死に至る世界線の物語、堂々完結!

“ならばもう一度言おう、我が名は――”

20136年。岡部倫太郎が「運命石の扉」に辿り着けなかった世界の逃れえぬ運命の終着点。それは、第三次世界大戦の勃発と仲間達の死という最悪の未来であった――。

「岡部さん。あの子を――、紅莉栖を救ってあげて……!」

幾多もの犠牲の上に未来のラボメン達から想いを受け取った岡部は、過酷な運命に抗い立ち上がる事が出来るのか? そして秋葉原で暗躍するストラトフォーとの決着は!?

「白衣を持て! そう、これこそが我が聖なる白銀の鎧!」

長き眠りの時を越え、“狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真”が蘇る。やがて死に至る世界線の物語―― 堂々完結!

【著者紹介】
浜崎達也 : 第4回角川スニーカー大賞・優秀賞を受賞。小説家・脚本家・漫画原作者として様々な企画に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kirina - 深紅の呂旗 さん

    急展開!!最後は本当に読むスピードが上がった! 最後に岡部がマッドサイエンティストとして復活した所は、本当にスカーットして快感だった。戻って来てくれた、やはり岡部倫太郎は、いや、鳳凰院凶真はこうでなくてはいけないと感じた! シュタインズ・ゲート本編の最後に繋がる終わり方だったため、理解できた。 素晴らしい番外編だったと思う!

  • ヴィオラ さん

    元々の三部作(「エピグラフ」「パンドラ」「アルタイル」)に始まって、アニメ、それからそのノベライズ…と、どれもルートが違うので、いかにもシュタインズ・ゲートって感じで良い。椎名かがりの中に○○○の記憶が…のくだりは、岡部倫太郎の感情と相まって、なかなか良く出来ている気がしました。(何様発言 アニメでは終始まゆりが辛そうで、見てて凹みましたが、ノベライズではそこまでじゃなくて一安心w 唯一(?)読めてない「萌芽追想のアミティエ」やっぱり欲しいなぁ(^◇^;)

  • niz001 さん

    『かくて鳳凰院凶真が帰還し、世界は運命石の扉へと動き出す』ってところか。地の文で「至は〜」「留未穂は〜」と本名になってるのが微妙に引っかかったけど楽しんで一気読み。「ゼロ」原案の3冊も読まなあかんなぁ。

  • ゆ さん

    読んだぜ〜〜!アニメはどう決着つけるのかな?やはり世界線が微妙に違うということで小説版もすこーし違いますね。無印のラストへと繋がるところまでは描かれていなくて、これから先まだまだ果てしなくオカリンの旅は続くのだなあと思うと、涙ちょちょぎれるわ。アニメ放送も残りわずか。最後まで楽しみたい!また巡り会うその時まで(ホロリ

  • はつかねずみ さん

    シュタゲゼロ後編。 アニメとは終盤の展開が決着の仕方が大きく違うけど、こちらが納得のいく上後顧の憂いを残さない展開なら、あちらが画面映えする展開という感じでどちらもよかったと思う。 凶真復活のシーンも非常によかったし、大満足というしかない。 媒体の違いや情報量の多さもあってアマデウスに関してもいろいろと詳しく扱われているし、アニメが面白かった人はこちらも是非読んで欲しいと思うな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

浜崎達也

第4回角川スニーカー大賞・優秀賞を受賞。小説家・脚本家・漫画原作者として様々な企画に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品