浅草演芸ホールの看板猫ジロリの落語入門

浅草演芸ホール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309278902
ISBN 10 : 4309278906
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
95p;21

内容詳細

明治時代から続く笑いの伝統、浅草演芸ホール。テケツ(切符売り場)の丸窓から覗いているのは、猫のジロリ。外で暮らしていたところを保護され、ホールの看板猫になりました。寄席猫として修行を続けるジロリと一緒に落語と寄席の世界をお楽しみください。

目次 : ジロリがやってきた/ ジロリの落語入門(入門編/ 前座編/ 二ツ目編/ いろんな落語編)/ ジロリのお仕事/ WE〓JIRORI/ 真打編

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fwhd8325 さん

    今は落語ブームなのでしょうか、様々な入門書が出版されています。これは、浅草演芸ホールに住むジロリと言うねこが案内する入門書。ほのぼのします。前座、二つ目、真打ちと登場する噺家さん講談師も時の注目の方です。寄席は本当に楽しい場所です。

  • たまきら さん

    エフにて。ジロリがやってくる経緯、そして下町らしい来る前から張り紙!みたいなノリに大笑い。「テケツ」っていうことばがいかにもでへえ!とか。演芸場の知らないことがたくさん学べる面白さもありました。

  • 宇宙猫 さん

    ★★★ 落語の紹介とか楽しみ方の本という予想に反して、落語家の仕事や浅草演芸ホールの紹介本だった。ま、ジロリが可愛いからいいや。

  • ちぇしゃ さん

    落語の本じゃないです、落語ホールで働く猫の本。浅草演芸ホールのネズミ捕獲隊長でありチケット売り場の看板ネコ、ジロリさんの写真集♪何度かテケツでのんびり寝ているところをお見かけしたけど、本当にラブリー♡噺家さんにもスタッフさんにも愛されてて、もふもふでつやつやの毛艶。もちろん正規雇用!英国にもGladstone(Gladders)君(財務省)LARRY君(首相官邸)、Palmerston君(外務・英連邦省)など正規雇用された公務員猫たちがたくさんいるので、是非日本もこれに習っていただきたいものです、はい

  • みりん。 さん

    ジロリの実物に今年初めて会えて、なんと本まで出ているというので買ってみた。パトロールしたりスタッフになついたりもうかわいい。そしたらなんと注目の講談師の神田松之丞さんがインタビュー受けててもうたまらん。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品