雑文御免 ネコノス文庫

浅生鴨

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784991061400
ISBN 10 : 4991061407
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
384p;15

内容詳細

これまで雑誌、ネットメディア、SNSなどの各所へ書いてきたエッセイ、ダジャレ、インチキ格言、短編小説、回文などに加えて、エッセイ集『どこでもない場所』に収録できなかった掌編や某公式アカウント時代に書かれた「ノート」までを集めた、おそらく最初で最後の無選別雑文集。

目次 : 最後の瞬間に/ どら焼きの捕獲法/ ラーメン、ラーメン、ラーメン/ 創猫記/ 何もできない日/ ゆっくり歩いて行こうと思っていた/ 向こうの都合/ 旅に正解なんてない/ インチキ格言集/ とっくに誰かが〔ほか〕

【著者紹介】
浅生鴨 : 作家、企画者。1971年神戸市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小田嶋隆さんさようなら・寺 さん

    著者の事は知らないのに、ツイッターやSNS等に発表した雑文や俳句や回文等をまとめた文庫本だと知り、不見転で購入した。私自身が読書メーターで常日頃くだらない雑文を弄しているから、これもそういう(良い意味で)くだらないものだろうと、「蟹は自分の形に穴を掘る」式に誤解していた。これは素晴らしいエッセイ集である。東日本や阪神の大震災にまつわる文章も多く、読みながら気持ちがいい感じにクールダウンして考えさせられる。旅にまつわる話も印象的。私は旅の話は苦手なのだが、すんなり飲み込めた。良い文筆家を知った。おすすめ。

  • 白湯 さん

    初めに、猫は天地を創造された。猫は言われた。「エサあれ」こうして、エサがあった。猫はエサを見て良しとされた(本文「創猫記」より)。小説、エッセイどの章も書き出しから面白い。まず最初の一文に引き込まれる。格言や回文に至っては脳内に残った一文が、ふとした時にコダマしてくる。例えば、チラシの隅に走り書きされた誰かの言葉に救われる事がある。それにも似た感慨。浅生鴨さんが「文学フリマ」用に出版されたご本。その中の一冊。ぽつぽつと読み進め、タイトル『雑文御免』の理由を考える。そして『出版御礼』と思う。いち読者としては

  • さな さん

    タイトルどおり、著者があれこれ書き溜めたものを、ジャンル問わず放り込んだ一冊。浅生鴨さんの考え方は、自分にはないものをいつも与えてくれるし、「そうか、それを正直に言ってもいいんだ」という気付きをくれるから好きなのだ。私はあまり本に付箋を貼らないのだが、この一冊は、ふとしたときに見返したい表現や考え方が散りばめられて、わざわざ付箋を買ってきた。「ゆっくり歩いて行こうと思っていた」「インチキ格言集」「判断力」「スタートライン」などが好きなのだが、でもやはり最強なのは「創猫記」。自分も文章を書きたくなる一冊。

  • haruka_suwa さん

    企業の広報を手伝う仕事をしている私は、浅生さんの言葉にハッとさせられることが多い。自分のフィルターを通してでしか物事は見えていないのに、それをすべてだと思い込んでいないか。私の書いた文章は、自分たちの都合を相手に押し付けていないか。私が想像できていない誰かを傷付けていないか。相手に喜んでもらいたいし、届けたい相手にちゃんと届いてほしいから、毎日葛藤しているけれども、想像することを怠らない癖を自分に付けたい。

  • やすこ さん

    エッセイあり、SSあり、呟きのまとめありのまさに闇鍋状態。 神戸と東北の震災に関するエッセイには、考えさせられるものがあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

浅生鴨

1971年、神戸生まれ。『異人と同人』シリーズ発行人

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品