禅が教える「接心」のすすめ

浅井義宣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594067953
ISBN 10 : 4594067956
フォーマット
出版社
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

目次 : 第1章 常識を疑う(はたして、「いい日ばかり」が続くでしょうか/ いったい何を「安心」したいのか ほか)/ 第2章 ひとつのことに捉われない(「人生とは何ですか」と問われたら…/ なぜ「禅問答」を繰り返すのでしょう ほか)/ 第3章 「我を忘れて」生きる(「我を忘れて」何かをしたことがありますか/ 禅ではなぜ「足元を見なさい」というのでしょうか ほか)/ 第4章 「接心」がもたらすもの(接心すれば、清々しい境地が生まれます/ 子どもは、なぜ禅的なのでしょう ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のすけ さん

    「ちりぢりに乱れやすい心を一つに集める」こと、つまり集中することを、禅では「接心」と言うそうだ。禅の教えや考え方が書かれているものの、どういうことなのか分かろうとするのは難しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品